婚活で知っておきたい!相手と盛り上がるための質問とは?

婚活で知っておきたい!相手と盛り上がるための質問とは?

 

【簡単3分】あなたにピッタリのお相手がわかる!IBJメンバーズ

 

相手のことが知りたい!どんな質問したらいいの?

婚活パーティーのトクータイムで相手と何を話せばいいか悩まれる方も多いはず。また話す内容によっては相手の自分に対する印象も変わってきてカップル成立をする確率も高くなります。しかしあまりにも聞きたいことがありすぎて相手のことを質問攻めにしてしまったり、相手にとってイヤな質問をしてしまえば上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます。

そこで今回は婚活パーティーなどで役に立つ相手への質問について情報をまとめました。ぜひ参考にしてみて下さいね。最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

 

相手が嫌になる質問って?

ここで気を付けてもらいたいのが、相手に質問し、間髪いれずに次々と質問していくのは止めましょう。これは女性も男性にも言えることです。また第一の質問に相手が身構えてしまうような質問もするのは避けましょう。

例えば以下のような例です。女性をAさん・相手の男性をBさんとしましょう。フリートークタイムのときにBさんが笑ってるようにAさんには見えました。そこでAさんはそれをきっかけに話しかけてみました。

パターン①

何かいいことでも起きたんですか?

男性B さん
え、なぜですか?特に何もありませんでしたけど

あ、いえ、楽しそうに見えたので
男性B さん
あなたは楽しくないのですか?

そうですよね、、、すみません
このように自分の何気ない質問でも相手を警戒させてしまうような質問になってしまうのです。ましてや相手があなたを気に入っている場合、さらに緊張してしまい返答に困ってしまいます。その結果、自身でも本意ではない返答をしてしまいます。そこで質問を変えてみましょう。

パターン➁

Bさんは明るい雰囲気をお持ちですよね。よく周りから言われたりしませんか?
男性B さん
よく言われることがあります。接客業をしていて人と接する機会が多いからかもしれません。

なるほど

男性B さん
しかし今日は物凄く緊張しています

私も人が多くて緊張しています。
ここで相手が緊張していると打ち明けてくれたら自分も緊張していると相手に伝え、共感することで次の話題が出しやすくなります。パターン➀のようにいきなり決めつけたような質問をしてしまうと相手は驚いてしまい、返答に困ってしまいます。相手をよく観察し自分が思ったことを素直に相手に質問するといいでしょう。

2つの選択肢の中から選ぶ質問がいい◎

例えば唐突に

 

男性B さん
好きな食べ物はありますか?

えっ?えーと、、、(洋食・和食?甘い物?)

このように急に選択肢の多いような質問をされてしまうと返答に困ってしまいますよね。

男性B さん
洋食と和食どちらが好きですか?

どちらかというと和食です
このように2つの選択肢を出してあげることで答えやすくなります。例えば「朝食はご飯派ですか?パン派ですか?」など聞いた方が相手が答えやすく会話が広がっていきます。ぜひ選択肢の多い質問をするのではなく2つに絞って相手に投げかけるといいでしょう。

趣味について聞くとき

趣味は何かありますか?

男性B さん
映画鑑賞です

そうですか、、、
趣味について聞いた場合はあらかじめ相手の返答を予想して次の質問を考えておかなければ会話を広げることが出来ません。
そこで相手の趣味を映画鑑賞とした場合の上手な返答方法をご紹介します。

どんな映画を見るのですか?
男性B さん
アクション映画です
ジャッキー・チェンとかですか?
男性B さん
そうですね。その他にもSF映画なんかも好きです

その次にその趣味をするようになったキッカケについて尋ねてみると会話を広げていくことができます。

いつからアクション映画をみるようになったのですか?
男性B さん
高校のときに当時流行していた映画がキッカケでした。

さらにそこから広げていくようにしましょう。「監督は誰がいいとか」「好きな俳優」「初心者におすすめの映画は?」など具体的におすすめしてもらいましょう。それらの返答から相手を知るキッカケを得ることが出来ます。また今後の会話の際にも役にたつときがあるかもしれません。

 

聞いといた方がいい質問とは?

首をかしげて悩む女性

それでは以下より相手のことをよりわかるための具体的な質問をご紹介します。もし相手への質問に悩んだときはこれらの質問をしてみて下さいね。

兄弟について聞いてみる

心理学では兄弟構成がその人の性格を左右すると言われています。人の性格というのは、生まれ育った環境と気質で決定します。環境の中でも兄弟は自分の小さい頃から一緒に育つため性格形成に大きく影響をもたらすものと言われています。自分との兄弟関係や性格と合わせながら相手にこの質問をしてみて自分とあう相手を見つけるのもいいかもしれません。

1人っ子の場合:兄弟がいないため争うことがなく穏やかで優しい性格をもつことが多いようです。両親に話を聞いてもらえることが多いのでおしゃべりが好きな人が多い傾向です。

長男の場合:真面目で慎重な面や面倒見がいいとされています。下に妹がいる場合は守ってあげなければいけないといった気持ちから、おもいやりや優しさが芽生えることが多いようです。また甘えるのが上手な末っ子の女性と結ばれると相性が良くおしどり夫婦になれる確率も高いとされています。

上に兄や姉が居る場合:人間関係が多い中で育つため社交的な人が多くなる傾向があります。上に姉が居る場合は母親や姉に世話をやかれて育つことが多いため、少し甘えん坊に育つ傾向があります。また上に姉がいると女性慣れしている男性も多いです。家事は女性がやるものだと思っているのであまり協力的ではないことがあります。

真ん中の場合:上に兄や姉、下に弟や妹が居るため非常に空気を読むことに優れている人が多い傾向にあるようです。そのため男女問わず友達が多く人間関係を築くのが上手い人が多いです。兄弟が多い環境のため自己主張が強くはっきりと意見を言う性格にあります。兄弟の両親との衝突や下の子のわがままなどを見て育つので無難に過ごしたいという気持ちが強く平和主義タイプ。


ボーナスなどは何に使っているか

この質問は相手が何にお金を使っているか聞き出せることができる質問です。海外旅行やゲームが趣味で課金していたり、休日はパチンコやギャンブルにつぎ込んでいるような相手だったら浪費の傾向が聞き出せる質問です。

やはり相手の金銭感覚は結婚してから家計を共にするのでとても大事なことですよね。また高額な物や無駄使いをしてしまうような浪費癖があるような人は結婚したらお小遣い制でも我慢できるのかどうかしっかりと方向性を決めて結婚した方がいいでしょう。

子供についての考え

子供は何人産むのか、子育てに協力的かどうか聞くのはとっても重要なことです。あなたは初めての子育てであたふたします。しかし世の男性は子育てに無関心の男性もまだまだ居ます。子供をあなたに預けて自分は知人と飲みに行ったり遊びにいくなんてことも起きるかもしれません。

またあなたの考えている子育てと男性の考えている子育ては違う考え方であることもあります。もしくは自分は子育てが苦手で子育てができないから妻を専業主婦にしたいという考えの方も居るかもしれません。なのでどういった家族にしたいのかお互いの子供についての考えを聞いてみてもいいでしょう。

 

これは禁句!な質問とは?

ここで避けておいた方がいいとされる質問をご紹介したいと思います。

身元を特定できるような質問

相手の住所が特定できるような質問は止めておきましょう。個人情報はお互いにとってデリケートな問題です。住んでいるエリアぐらいなら聞いても問題はないかもしれませんが、具体的な最寄り駅の名前や自宅周辺の目印などを突っ込んで深く聞くのは避けた方が無難でしょう。

男性にの場合なら自分から言ってくれる男性も居るかもしれませんが、相手が詳しく言ってこない場合はなにか事情があるかもしれませんので、深く質問しないように注意しましょう。

貯金金額・年収・役職など

男性の貯金金額や年収や会社での役職なども踏み込んで聞きすぎるのは良くありません。以下の質問は初対面では避けておいた方がいい質問です。

年収・貯金金額

両親の仕事や両親との同居

卒業した大学

転職履歴など

初対面でこれらの質問をしてしまうとやはり男性からしてみると「お金目的なのかな?」など思われてしまいます。結婚する上で年収や相手の両親のことなど聞いておきたいこともあるかと思いますが、初対面では失礼に当たる可能性があるので、デートを重ねるなどして親密になってから相手に聞いた方がいいでしょう。

なかには学歴コンプレックスを抱えている男性も少なくはありません。最初から年収が高くなけばいけない場合や学歴にこだわりがある場合は、高年収男性限定や高学歴男性限定、年収〇〇万円限定の婚活パーティーに参加するか結婚相談所で条件に見合う男性を紹介してもらった方がいいでしょう。

相手の婚活状況

相手の婚活状況や婚活期間も聞くのは止めておきましょう。「過去にも婚活されていたんですか?」「婚活はどのぐらいの期間されているんですか?」「他にも婚活パーティーに参加しているんですか?」「他に良い人を見つけましたか?」

などなど。あなた以外にも結婚候補の方も居るかもしれませんし、自分にも居るかもしれませんよね。婚活の状況というのはデリケートな部分ですし、あまり人には答えたくない質問ですよね。ですからこういった質問はしない方がいいでしょう。

 

お互いの目的をハッキリ決めておくこと

離婚の原因1位は性格の不一致です。女性は出産をすると脳が子育てをできるように変化します。恋愛をしてから結婚すると相手の性格を知ってから結婚するため、その変化に対してのショックが大きいため離婚に繋がることもあるのです。反対に言えば、お見合いなどは結婚するために出会い、あまりお互いのことを知らないまま結婚するため性格の変化に対するショックを受けることが少ないので離婚率は低いとされています。

なのでまず自分の譲れないポイントをしっかりと決めることや、相手がこちらにしてほしいことをしっかりと相手と話し合うことが大事なのです。結婚は女性が一方的に相手に望むだけでは成り立ちません。

そうではなくて、お互いの理想の部分を伝えあっておくことでお互いが、自分の気持ちを理解し合える理想の相手となり、結婚する上で最も大事なことと言えるでしょう。

 

上場企業が提供
恋愛婚活「with」

まとめ

いかがでしたか。婚活パーティーなど初対面の人相手に緊張してしまい何を話していいか分からない人も多いですよね。そういったときにこの記事を参考にして相手に質問してみて相手がどういう人なのか見極めるようにしてみましょう。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

それではこの記事を参考にして婚活パーティーで相手に質問してみてはいかがでしょうか?

婚活パーティーカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。