婚活で多発しているフェードアウトに負けない方法が知りたい!

婚活で多発しているフェードアウトに負けない方法が知りたい!

 

日本最大級のネット婚活『ブライダルネット』

いいと思っていた人から連絡が途絶えてしまった、、、!

 

婚活サイトやマッチングアプリ、婚活パーティーなどでせっかく良い人を見つけたのに連絡が来なくなってしまったり、こちらからメッセージを送ってもなんだかそっけなく感じてしまうことがあるのではないでしょうか。もしかしてこのままフェードアウトされちゃうの?望みはないの?次の人を見つけた方がいいの?と悩まれる婚活女性も多いはず。

そこで今回は婚活で感じるフェードアウトな瞬間についてこの記事に情報をまとめました。ぜひ参考にして下さいね。最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

 

婚活ではフェードアウトはよくあること!

婚活サイトではまず、プロフィールなどを見て自分の良いと思った相手にメッセージを送ることから相手とのやりとりが始まりますよね。婚活パーティーでは連絡先を交換した相手とメッセージのやりとりが始まるはずです。

そのため、何通かLINEやメッセージのやりとりを交わし、『この人はなんか合わないな』と感じ、LINEの場合ですと既読がつかなくなってしまったり、既読スルーされたり、相手からの返信頻度が急に減ってしまいます。またせっかくLINEが盛り上がり、会ってみようということになり会ってみると、お互いが盛り上がらなくなってしまい、その人との関係は終了してしまいます。

これがいわゆるフェードアウトですね。「はっきりとあなたとは合いませんでした」「あなたのことは好みではありません」と伝えることができればいいのかもしれませんが、こんなにはっきりと断ると自分も相手も傷ついてしまいますよね。そのため、婚活では”違う”と感じたらそのままフェードアウトして自分の気持ちを察してもらいたいと感じている人も多いようです。

 

フェードアウトが考えられる原因ってなに

窓辺に座っている女性

例えば、連絡を続けいたのに、連絡が段々と減っていき、気づけば1週間ほど相手からの連絡が来ない場合はフェードアウトされたと考えていいでしょう。しかしフェードアウトされる原因とは何が原因でフェードアウトされてしまうのでしょうか。以下より考えられる理由をご紹介していきます。

相手の好みのタイプではなかったから

まず、1番考えられる理由がこの理由です。マッチングアプリや婚活サイトであればプロフィールを見て良さそうな感じな気がしたけれど、メッセージのやりとりをいざしてみたら、相性が合わないとフェードアウトしてしまうということはよく起きます。

また婚活パーティーで出会った相手からフェードアウトされた場合の理由として考えられるのは、連絡先を交換したものの冷静になってみるとそんなに相手のことが好みではなかった、といったことが挙げられます。

ハッキリと断られてしまうのが怖い女性やハッキリと断ってくれたことで気持ちを切り替えることができる女性も居ますよね。しかしフェードアウトする場合は相手が気付くまでの貴重な時間を消耗させていることにもなります。そういった場合はもう会うことはないのだから、ということでお断りメッセージを送ってもいいかもしれません。その方がお互いのためになると言えそうです。

相手の候補の選択肢から外れた

婚活は同時進行している人も少なくはありません。なぜなら多くの異性に出会った方が結婚できる確率は高くなるからです。1人を相手にして、その1人がダメだったら、また良さそうな相手を探して、またダメだったら次の人を探して、、、と繰り返していたら自分の時間は勿体ないし、あなた自身が疲れてしまいますよね。

複数を相手にしながら結婚相手の候補の中から相手を選ぶということは大変効率がいいのです。もし自分がフェードアウトされたのならその相手の候補の選択肢の中から外れてしまったということ。

 


地雷をふんでしまった

デートをした後にフェードアウトをされたのなら以下のパターンが考えられるかもしれません。自身が下記のような行動をしていないか注意してみましょう。

嫌われるのが怖くて本心が言えない・相手任せにすることが多い

SNSの写真撮影に夢中・奢ってもらってご馳走様を言わない

文句ばかり言っている女性

やはり女性としては男性にエスコートしてもらいたいですが、男性も女性のことを喜ばしてあげたいと思っているのです。だからお食事するなら和食なのか、洋食なのか、好きな食べ物など聞かれたらある程度答えてあげましょう。

男性に何を食べたい?と聞かれて、「何でもいいよ」と答えてしまうのは男性も困ってしまいます。また食べに行った店先を元カレと来たことあるなどと言ってしまったりするのも止めておきましょう。男性は気になる女性に別な男性の影が見えてしまうと引いてしまう男性も居ます。

来たことがあるお店でも初めて来たと答えるか、女友達と来店したことがあると答えるなど、もし本当に昔の交際相手と来たことがあるお店でも異性の影をちらつかせないようにしましょう。

あとは、歩くの疲れた~とか人がたくさんいてイヤだ~など文句は口にしないようにしましょう。自分は深く考えていないような会話でも、そのような会話は自分とのデートが楽しくないと言われているように感じてしまいます。愚痴にも聞こえるような会話は相手のテンションも下げてしまいます。初回のデートなど自分がこういった行動をしていないか注意してみて下さいね。

 



フェードアウトされたとき対策法とは?

 

せっかく良さそうな相手と出会えたのにフェードアウトされてしまうのは悲しいことです。中には当たり障りのない会話をしていたのになぜ?と感じてしまう女性も居るでしょう。はっきりと相手から断られた訳ではないので余計モヤモヤしてしまうでしょう。

そこで以下よりフェードアウトされたときの対象法についてご紹介したいと思います。

自分を責めない!

フェードアウトされてしまうと、自分自身の価値が否定されてしまったような錯覚に陥ってしまうでしょう。しかし、フェードアウトとは婚活ではよくある出来事のひとつです。だから落ち込むのではなく、気持ちを切り替えて違う異性にどんどんアポをとって会っていくのがいいでしょう。いちいち落ち込んでいるようでは時間が勿体ないのです。

あえて放置しておく

連絡が来なくなった、、、忘れるために相手の連絡先を消してしまおう!と考える女性も居るかもしれません。しかしあえて、連絡先を残しておき放置して相手の様子を見てみるのも良い方法かもしれません。相手との連絡が途絶えたのには何か理由があるかもしれません。

男性の場合、仕事が忙しくなってしまったなどの理由があげられます。なので自分は、他の相手を探しつつフェードアウトになった男性の再復活を待ってみるのもいいかもしれません。意外と忘れた頃にひょっこりと相手から連絡がくることもあります。

フェードアウトにさせないためにも

 

婚活にはフェードアウトが多いとはいえ、やはり立て続けにおこってしまうと婚活を辛く感じてしまいますよね。そこで上記のような行動をしていたりしないか。メッセージは相手にとって返信しにくい内容のものを送信していないか一度見直してみるといいかもしれません。

また1度デートをした後なら、デート終了後に帰宅したら相手にしっかりとお礼を伝えることを忘れないようにしましょう。お礼の最後に相手を気遣うさりげない言葉を添えて送ると男性は嬉しいようです。

今日は楽しかったからまた誘ってくれたら嬉しい!

この一言をしっかりと伝えることで男性の印象が変わってきます。しっかりとデート終了後は相手に感謝のメッセージを送りましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。婚活では連絡が来なくなることが多くフェードアウトされていると感じる女性も多いようです。しかしフェードアウトするということは相手の時間も奪っているということも念頭に置かなければいけませんね。

どうでしょうか。分かりにくいところなどなかったでしょうか。

ぜひ、この記事を参考に婚活に励んでみてはいかがでしょうか?

 

婚活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。