独身女性が目を背けたくなる、独身女の末路ってご存知ですか?

独身女性が目を背けたくなる、独身女の末路ってご存知ですか?



なぜみんな結婚したいの?

婚活している人にとって不安なことと言えば「このまま良い人が現れなかったら1人で死んでいくの?」と考えたことがありませんか?著者の友人の中には育児が大変そうだし、離婚している姿や周囲の話を聞き、結婚はしないと決めている友人も居ます。1人の方が相手のことを気にしなくていいといった方や独身でも生活に困ることがないという方もいるかもしれません。

よく孤独死が怖いから結婚する!など言っている方もいらっしゃいますが実際に独身のまま生涯を終えた場合の未来って想像したことありますか?

そこで今回は、結婚しないまま生涯を終えた場合の独身女の末路ついて解説していきたいと思います。ぜひ最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

 

30代を過ぎてくると周囲から心配され始める

30代すぎてくると友達の結婚ラッシュなどが相次いで、自分だけが独身だと孤独感を覚えてしまう方も少なくはないでしょう。また結婚ラッシュの次には子供が産まれたという出産の報告などが来ますよね。一緒に買い物や旅行、食事に行っていた友人たちも付き合いは悪くなっていき、遊ぶ友人も少なくなっていくと感じる方も多くなっていきます。

また職場の上司に結婚の心配をされたり、両親にはいつ結婚するの?と連絡が来るのに嫌気がさしているなんて方も。ネットの意見としては、30代ならまだ焦る必要はないといった意見もあがっていますが、男性は結婚相手に若い女性を選ぶ傾向があるので、やはり年齢を重ねてしまうと結婚は厳しくなっていく可能性は強まっていきます。

不思議なことに、周囲からの同情などは結婚する前は多かったのに結婚した途端に何にも言われなくなるものなのです。

40代を超えてくると孤独感が増してくる

それでも30代は30代の楽しみがありますよね。しかし女性ならわかる方も居るかと思いますが、年齢を重ねていくと月経がきたときなど、身体に不調を感じる方も増えてきます。女性ホルモンは30代後半になってくると段々と減少していきます。女性ホルモンが激減するため、月経異常や、多汗ほてりめまい倦怠感イライラしたり、不眠抑うつといった心身の不調が起きやすくなってくるようになります。

このようなことが重なってしまったり体調不良などになってしまい、一人暮らしなどしている方は「誰かに支えてもらいたい」と思ってしまうこともあります。

こんなときに結婚していれば、自分の家族が心配してくれますよね。万が一あなたが働いていたとして、会社を休まなければいけなくなったとしても、夫が稼いでくるので生活費の負担はそこまで心配しなくてもいいでしょう。

しかし、残念ながら独身だと自分ひとりですべて行わなければいけませんよね。滅多に体調不良にならないし健康がとり得だ!といった方はこういう心配は必要ないかもしれませんが。

 

生活費が不足し餓死する可能性も

会社にいって働いているときは良いんです。出社しなければ会社の人が心配してくれるでしょう。しかし、問題は定年後です。ある程度の貯蓄をしていなければ年金のみの生活になってしまいます。持ち家でなければ住居費もかかってしまいますよね。また食費や光熱費を年金で賄わなければいけません。

国民年金の方は受給平均額は平均52,708円

厚生年金で加入していた場合は102,708円ほどです。

定年後、働けないのに2か月受給で厚生年金に加入していても10万円ほどです。1人暮らしだと貯金を切り崩して生活を送ることになるでしょう。老後のために貯金をしていないと食べることもままらないまま、痩せ細ってしまい栄養失調になり最悪は餓死へと繋がるでしょう。

上記のことからも独身を決めた方は老後の自分の生活する分をしっかりと残しておく必要があります。またもし介護が必要になった場合は、そこに介護費用がおおよそ8万円ほど必要になります。

介護してくれる人も居ず、介護施設に入居できなかった場合、自分でどうにか生活しなけばいけません。男性の場合、動けなくなるとトイレに行くのもままならなくなってしまい、ペットボトルに自分の尿を入れて部屋にゴミだめ。自分が寝ているところに排便をするといったセルフネグレクトと言われる状態になってしまう方も居るのです(部屋をあけた瞬間に異臭。体が動かなくなると不衛生での空間で生きなければならない)

ゴミの中、身動きが取れないまま死んでいくのです。上記にようになってしまはないように老後の貯蓄はしっかりと蓄えておきましょう。


独身女の末路は”孤独死”の現実が襲い掛かる

やはり生涯未婚率が増えているため独身世帯が増えるのと同じように孤独死を遂げる女性も増加傾向にあります。

孤独死(こどくし);主に一人暮らしの人が誰にも看取られること無く、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡することを指す。 特に重篤化しても助けを呼べずに亡くなっている状況を表す。

引用元:Wikipedia

自宅での発作に気づいてもらえない

年齢が高齢になってくると急性の疾病発作に見舞われることが多くなってきます。疾病発作とは脳溢血脳疾患心筋梗塞のことを主に指します。自宅で咄嗟にこうした発作に襲われたとしても家族は居ないのでそのまま倒れてしまうことになってしまいます。これが孤独死に繋がるのです。またその他にも、急性疾患のひとつに肺炎肝硬変を患ってしまうと生活をするのに困難になってしまい、そのまま1人で亡くなってしまう場合もよく起きることなのです。

1人暮らしをしていると自分の体調の変化を気付いてくれる人が居ないのです。まさに孤独死といった名のとおり1人で死んでいくのです。

アルコール中毒が原因になることも

ずっと1人暮らししていると寂しさを紛らわすためにお酒に溺れてしまい、アルコール中毒になってしまうといったのも孤独死の原因と繋がることがあります。慢性アルコール中毒、また急性アルコール中毒になってしまうと意識が無くなってしまいそのまま眠るように孤独死を遂げてしまうのです。意識がなくなってしまったら助けを呼ぶことなんてできませんよね?そのまま死んでしまっても誰も気づいてはくれないのです。

遺体はそのあとどうなるの?

本来であれば、遺体というのは身内に引き取られるものですが、頼れる身内がいない場合はどうなるのでしょうか。実は遺体の引き取りというのは拒否することもできるんです。もし親戚などにも遺体の引き取りの拒否をされた場合は市役所の福祉担当の部署が行旅人扱いによって火葬の処理をしてくれます。

しかし、その際のかかった費用の請求は相続人にされますが、相続人が居ない場合は、扶養義務者に請求がいくことになります。遺骨の引き取りも拒否された場合はこちらも埋葬費用については、上記の遺産を指定されている方に請求がされます。

 

独身女の末路の救済方法って?

ここまでいかがでしょうか。このまま少子高齢化が進むと独身・既婚に限らず介護施設に入所できるかもわかりませんし、年金受給額も減る可能性もあり得ます。しかし万が一、このような悲しい死を遂げてしまわないように対策を以下よりご紹介していきたいと思います。

兄弟の子供を可愛がっておく(甥っ子や姪っ子など)

自分に子供が居ない場合は、兄弟の子供を可愛がっておくといいかもしれません。また自分の遺産の相続人に指定する人が居ない場合にも甥っ子姪っ子などを相続人に指定しておけば、自分の死んだあとの部屋の遺品整理などを任せることも可能です。小さいうちからよく可愛がっておき、こまめに連絡を取っておくことも対策のひとつです。

定年を引き延ばす!

まだまだ働けるようなら働きましょう!各市町村では、定年後の働き場としてシルバー人材センターで働くといった方も居ます。軽作業や技能を必要とするお仕事、事務のお仕事など、シルバーといっても様々な分野のお仕事が用意されています。自分の特技を生かした仕事を見つけて働いて体を動かした方が健康的ですし、ボケ防止や認知症予防にも繋がるかもしれません。また、自分のためにもなります。また定年後の収入源となる財源を確保しとおくといいでしょう。

40代から”終活”を始める方も!

最近話題になっているシェアハウスなど。もちろん独身女性が集まるシェアハウスも注目を浴びています。老後シェアハウスというものです。メリットは上記であげたような孤独死の不安がないことやまとまって生活するので経済的な負担の軽減、ボケや認知症の予防効果に期待できます。

また40代から”墓トモ“を探す方も居ます。墓トモとは名前のとおり、他人同士だけど一緒に同じ墓に入る友達のことを指します。なので積極的にイベントや習い事に通って生涯を共に過ごせそうな友達を探す方もいるそうです。ぜひ自分が1人っ子や頼れる身内が居ない場合は早くから終活を始めソウルメイトを探しておくのもひとつの手かもしれませんね。



AIが発達?話し相手は人間から人口ロボットに?

最近ではお掃除ロボットなども簡単な会話をするようになってきたり、話題のスマートスピーカーGoogle HomeやiPhoneなどのスマートフォンに搭載されているSiriなど使えばこちらからの質問に答えてくれたり、おすすめのお店や音楽など探してくれる機能など、手を使わずユーザーの声に反応し、自分が求めている情報を提示してくれるようになりました。

また、最近では高齢者の事故や孤独死を防ぐ目的として見守りシステム、「MaMoRu―Kun(まもるくん)といったシステムが開発されました。このシステムは外出や就寝といった高齢者の日常生活の動きを検知して情報を収集し、AI(人工知能)が「異常」と検知した場合に家族らに連絡してくれるシステムです。

あらかじめMaMoRu―Kun(まもるくん)から通報がいく相手を決めておけば、自分に何かあったときにすぐ発見してもらえたり、不慮の事故が起きたとしても遺体の腐敗が進む前に回収してもらうことが出来ます。また心配なのはプライバシーですよね。このシステムは映像カメラや人の目に触れることなく、センサーAI(人工知能)が日常生活を見守ることでプライバシーを守ってくれる効果もあります。

上記のように他人との共同生活が苦手といった方におすすめのシステムでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。孤独死は1時間に3人が孤独死に陥っている状態だと言えます。女性に至っては4,981人が死後4日以上経過して発見されています。これは若い独身女性にも当てはまることです。無理に孤独死を恐れなくても上記の対策をすることで老後を楽しく過ごすことができるかもしれませんね。

また早くから終活を始める方がいるのには驚きました。ぜひ早い段階で自分らしい人生を送るための準備を始めるべきですね。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事を参考に独身女の末路について考えてみてはいかがでしょうか?

その他カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。