婚活で結婚相手を選ぶときの決め手ってなんだろう?

婚活で結婚相手を選ぶときの決め手ってなんだろう?

 

【簡単3分】あなたにピッタリのお相手がわかる!IBJメンバーズ

何人も出会ってきたけれど結局、結婚の決め手って何だろう?

婚活が進むにつれいろんな人に出会うようになって、もまだあなたの中で「この人が結婚相手でいいのかな?」と悩んでしまう女性も多いことでしょう。世の中の夫婦の結婚の決め手とは何だったのでしょうか。そこで今回は婚活における結婚の決め手について情報をまとめました。いまいち結婚の決め手が判断できないという方はぜひ参考にしてみて下さいね。

では以下より解説してきます。

 

男性が思う結婚の決め手になったのはどんな部分?

ちなみに女性は恋愛感情を抱き、好きになった相手と結婚したいといった感情が強いのですが、男性の場合に至っては恋人は恋人として分けます。結婚相手は結婚するための相手と分けて婚活されている方が多いのです。では婚活男性の結婚相手の決め手とはなにが一番多いのでしょうか。中には、意中の女性と食事には何回か行っている仲ではあるけれど、結婚を意識するとなるとそれより先に進めることが出来ずに悩む男性も居ることでしょう。

そこで婚活男性が結婚する決め手とはなんだったのでしょうか。下記より説明していきます。

一番多い意見は安心感や安らぎ!

結婚相手の決め手は安心感や安らぎが決め手となって結婚を決意している男性が多いようです。彼女にはドキドキとした恋愛感情を求めたいけれど結婚相手には安らぎを求めるなど、最終的な結婚相手には安心感や安らぎを重視するといった傾向にあるようです。婚活をしていて相手との結婚を考えたら相手に安らぎを与えている存在になれるかを考えた方がいいでしょう。

しっかりとしているかどうか

彼女は自分に甘えてくる存在でもいいけれど、結婚相手としたときは、しっかりと自立しているような女性やまた一緒に人生を歩んでいくパートナーとしての自覚を求めるようです。長い年月を共にするのですから、男性側からしてもいつでも女性のことを守れるとは限りません。ですから妻となる女性が困っているときには手助けをし、反対に自分が困っているときには、手を差し伸べてくれる関係が理想的ですよね。なので結婚相手にはしっかりとした女性や自立しているかを見るようです。


子育てに前向きかどうか

婚活している男性には結婚して子供を妻に産んでもらいたいと考えている男性も居るでしょう。そこで結婚相手の女性にはしっかりと自分の子供に愛情を注いで育ててくれるような女性を求めます。なので母性本能の高い女性はやはり結婚相手としては需要が高いですよね。交際期間中に、もし可能であれば小さな子供と接する姿を見せることが出来るとあなたの母性を相手に表現することが出来るでしょう。

一般常識やモラルの有無など

例えば良識のある振る舞いが出来る方なら結婚相手としても申し分ないでしょうが、モラルが欠けていたり一般常識が人と少しズレているような方だと、結婚相手としてはふさわしくないと判断されてしまうかもしれません。やはり結婚する際には一般的な常識やモラルを身に着けておくといいでしょう。

浮気しない女性

妻となる女性の浮気や不倫で離婚を許容されるといった方は少ないでしょう。また浮気や不倫が原因で離婚となれば当然、嫌と感じる方も多いでしょう。なので、やはり恋愛遍歴の多い女性はあまり男性には好まれません。結婚する際には異性関係はスッキリと片付けておいた方がいいでしょう。

TV・雑誌で話題の「お見合いパーティー」

直感で感じた

中には出会った瞬間に「この人と結婚するかも」と感じたという男性も多いようです。これは女性にもあるかもしれませんね。また実は一目惚れをして結婚した相手との離婚率は低いとアメリカの研究で明らかになっています。

できちゃった婚の約8割以上が離婚していると言われている一方で、直感での結婚や一目惚れなど”運命を感じての結婚”は約10%の離婚率に抑えられています。このことからも結婚する相手とは運命の赤い糸で結ばれているというのは本当にあることなのかもしれませんね。また男性からの一目惚れでの結婚は離婚率はさらに低いとされています。

ぜひ一度一目惚れした女性がいたら、自分から積極的にアタックしていくといいかもしれませんね。

女性が思う結婚の決め手になったのはどんな部分?

それでは、女性が結婚を決める決め手とは何が大きいのか以下より説明していきます。女性は出産といったライフイベントや女性の方が男性よりも平均寿命も長いことから結婚後で例え夫に先立たれてしまったとしても、一人で生きていく強さも必要になってきますよね。それらのことも含めて以下より解説していきます。

居心地の良さやフィーリングが決め手

女性に多い意見が、相手との居心地の良さやフィーリングが合うと感じ、結婚の決め手となったという方が多いようです。女性にの皆さんには経験があるか分かりませんが、好きな人と付き合えたときに嫌われるのが怖くて素の自分が出せない、、、といった経験をされた女性も居るのではないでしょうか。

結婚しても素の自分を出せないのはとても大変なことですし、女性にとってみてもストレスが溜まってしまうでしょう。やはり一緒に居て落ち着く男性を見つけたら結婚を意識してみてもいいかもしれませんね。

相手の笑顔にひかれた

例えばクールそうな顔をしている男性が実は、笑うととっても可愛い笑顔を見せてくれるとギャップを感じ相手にときめきを感じる女性も多いのではないでしょうか。他にも自分のことを笑わせてくれたり、テレビを見ていて笑うツボが一緒だと嬉しいと感じる女性も多いことでしょう。

寛大な包容力

仕事で落ち込んでしまったり何か悲しいことがあるときは温かく励ましてもらいたいと考える女性も居るでしょう。そんなときにはやはり異性の存在は大きいですよね。また同棲の友達には解決できないことも、恋人が解決してくれたりと恋人の存在は大きいですよね。自分のワガママを聞いてくれたり、ときには助けてくれたり。

そんな包容力の広さに惹かれて結婚を決め手になった方も居るでしょう。包容力が広ければ結婚して何かあったときも安心できますよね。

TV・雑誌で話題の「お見合いパーティー」

経済力の高さ

何よりも経済力の高さが結婚の決めてとなった方も多いかもしれません。確かに相手の年収が安定していればお金のことなどで夫婦喧嘩になることはないでしょうし、暮らしにゆとりが生まれますよね。また子供が産まれたときもしっかりと養育することが出来るでしょう。経済力の高さが結婚の決め手になったという方も多いようです。

特に相手のイヤなところが見当たらない

長いこと一緒に暮らしてくるとお互いのイヤなところが見えてきてしまいます。そこであなたの許せない部分をひとつだけ決めておき、相手がその項目に当てはまらないようならば、結婚の決め手にしてもいいかもしれません。交際期間中に嫌な部分が目立つ様だと結婚してもその嫌な部分が目立ってしまいます。

また以下の性格に当てはまる男性には特に気を付けた方がいいでしょう。

浮気しないか・女好きではないか

暴力・DVなどがないかどうか

浪費家やギャンブル癖がないかどうか

アルコール依存・酒癖が悪くないかどうか

上記が上げられます。こういった性格は結婚しても治るとは言い難いので、しっかりと見極めて結婚するようにするといいでしょう。

結婚したら相手に変化を求めるのは止めておこう!

例えば、交際期間が経っていくと相手の嫌な部分があっても、相手のことが好きだと目をつむってしまうといった方も居るかもしれません。(結婚したら変わってくれるだろう・・・)と期待して結婚したものの一向に相手が変わらないとなるとせっかく結婚したとしても、もしかしたら離婚になってしまうかもしれません。

相手に変わってもらうより自分が変わる努力をする

人間の培ってきたものというのは中々治るものではありません。それは自分だってそうでしょう。そこで相手に変わるように変化を求めても仕方ありません。変えることが出来るのは相手に対する見方です。相手に変わってほしいと求めてしまうと結婚生活がうまくいかなくなってしまいます。なので相手を変えようとするのではなく自分の意思を変えることことが結婚生活がうまくいくコツになります。

長所の多さより欠点の少なさ

人は相手の長所が多いほど惹かれてしまう人も多いでしょう。それは大変素晴らしいことですが、長所の数に囚われてしまうと相手の欠点が見えたときに相手への好感度が下がってしまうことがあります。なので実は重要視すべき点は長所の多さではなく欠点の少なさを重要視した方が結婚生活は円満になるのです。

例え相手を好き、と感じなくても相手のことをそんなに嫌であると感じる部分が少ないのであれば、前向きに検討してみるのもいいかもしれませんね。

 



婚活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。