婚活地獄の泥沼にはまってしまう男女が急増?日本って大丈夫?

婚活地獄の泥沼にはまってしまう男女が急増?日本って大丈夫?

 

婚活地獄って何?婚活に疲れや、婚活うつに陥る人が急増中

SNSでよく見受けられるのが婚活に疲れを感じている男女の姿です。なぜ婚活に疲れを感じてしまう男女が増えてしまっているのでしょうか。婚活疲れを放っておくと、症状は悪化してしまい婚活うつに陥ってしまう方まで現れてしまうのです。参考リンク⇒婚活うつに陥る人が急増中!?婚活女性は早めの対策を!

長引く婚活。婚活が長引いてしまうと婚活費用が男女ともにかさんでしまったり、いつまでも良いと思える異性に出会えないことから出口が見つからないと感じてしまいまさに地獄と感じてしまうのです。

そこで今回は、行き場の見つからない婚活地獄についての情報をまとめました。では、婚活地獄を打破する解決方法はあるのでしょうか。以下より解説していきますので、ぜひ、最後まで閲覧ください。

 

婚活地獄に陥っている男女の声

婚活に疲れました…
1年くらい婚活をしている28歳女です。
私の周りはみんな結婚して出産ラッシュです。
一時期私は周りに流され焦ってしまい、男性を漁るようにありとあらゆる婚活をしました。婚活パーティーや婚活サイト、知人の紹介など全ての出会いを大切にし、数ヶ月デートする仲の人もできたりしましたが、どうしてもしっくりこなくてうまくいきません…ふと考えてみたら、私ってそんなに結婚願望がないのかもしれないと気づきました。そこまで必死に探してまでして結婚したくないというか…いづれ子供はほしいけど、まず好きな人ができないし…婚活してても楽しくないです。疲れた…でも、一生ひとりぼっちは寂しいなぁなんてわがままなこと考えちゃいます…自然に出会いたいのにな…

アラフォー男です。この先も独身では淋しいと思い1年前から相談所で婚活を始めましたがうまくいきません。収入は平均より低く、顔もどうみても良いとは言えず、低身長で、こちらから見合いを申し込んでも成立しません。たまに来る向こうからの申し込みを受けて見合いするのですが、コミュ力のなさと吃り気味の声の為か頑張って話をしても、たいてい断られます。珍しく仮交際できても早い段階で振られます。相手から連絡が来ることもないし、とにかく好意を持ってもらえない感じです。なんだか虚しくなってきました。私は人に迷惑はかけずに真面目にやってきたつもりです。人に好かれる才能のない自分はいっそ結婚は諦めて趣味に生きるべきでしょうか?正直、淋しい気持ちはあるものの自分が結婚に向いている人間かどうかは自信がありません。

引用元:ヤフー知恵袋

上記がネット上の反応のようです。確かに文章をみる限り婚活に苦戦している姿が見受けられますね。なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。以下より解説します。

男性編:婚活で失敗が続くと自己否定されているような気持ちに

男性
自分は婚活を始めるまで普通ぐらいであると思っていましたが婚活パーティーで良いと思った女性には選んでもらえない、それなりに気を使って参加しているのに女性からの反応は良くありませんでした

このように、自分の中で一所懸命努力しているのにも関わらず、うまくいかずにもしかして、自分は自分が思っている以上に遥かにルックスは悪くて、話し方も実は変なのではないかという自己否定に陥ってしまうことがあるのです。

男性編:経済的負担が多いことも要因?

婚活パーティーやマッチングアプリ、合コンなどでも男性は、女性に良いところを見せなければなりません。1人だけと会っているようだと効率が悪いですし、そうなると月に複数人会ったとして、相手に食事を奢っていたり、婚活パーティーは男性側の参加費用は女性より2~3倍ほど高いことが多いですよね。こんなに参加費用や食事代を負担していたとしても、イケメンや公務員などの人気職についている男性やイケメンはやはり有利ですよね。

このようなことから、男性からすると婚活は経済的負担がのしかかり、疲れを感じてしまい、婚活地獄に落ちいってしまうのです。

女性編:友人の報告ラッシュが婚活地獄を引き起こす

あなたが、結婚適齢期をむかえているような年齢ならば、友人や知人の結婚報告や結婚式に招待される方も居るでしょう。おめでたい報告なのですが、婚活しているあなたにとっては心がモヤモヤしてしまい、落ち着かない方も居ることでしょう。(どうして周りは結婚できているのに、あたしは相手が見つからないんだろう。。。)といった思いが浮かび上がってしまい、さらには自己否定に陥ってしまい自分の価値を下げてしまうのです

またそんなネガティブな考えでいるとどんどん婚活をすることが苦痛になってしまい、婚活を長期化させてしまい婚活地獄を招いてしまうのです。やはり暗い女性より明るい女性の方が婚活は成功しやすいと言えます。

女性編:婚活を安易に考えて始めることが婚活地獄の原因?

婚活を始めるときに「そろそろ結婚しようかな~」とか「良い人が居れば結婚できればいい」など最初はあまり深く考えず婚活を始めてしまうため、最初は理想を高く掲げて婚活を始める方が大半でしょう。しかし、いざ始めてみるとあなたの理想のお相手はなかなか現れないのです。

出会いの数を増やせば出会えるだろうなどと考えて出会いの場に参加しても、半年どころか1年や2年ほどの期間を費やして婚活を続けていても、相手とカップリングになれなかったり、相手から選ばれないことが珍しくなくなってしまうのです。

期間を費やしてしまうとあなたも年齢を重ねてしまいますよね。期間が長くなってしまうと両親からの結婚の催促や周囲から心配されてしまったりと周囲への気疲れも起こしてしまいます。

そして最終的には、ここまで頑張って婚活して結婚する必要あるのかな、、、?と自身の中で疑問が巻き起こり婚活地獄から逃れられない状況に陥るのです。

 

婚活地獄の脱出方法は?

一生懸命婚活を頑張っている人ほど陥ってしまいがちな婚活地獄。では脱出方法はあるのでしょうか。そこで婚活地獄からの脱出方法を以下よりご紹介します。

ポイント①婚活の仕方を見直してみる

男性なら婚活で費用がかかってしまって婚活疲れを引き起こしているようなら、婚活はコスパのいいものに見直してみましょう。婚活サイトやマッチングアプリは登録料がかかるだけですが、実際複数人と食事やデートとなれば費用がかかってしまいます。婚活パーティーは費用5000円~ほど払えば、1回にたくさんの女性と出会うことができます。コスパの面で考えれば、婚活パーティーが1番出会いが多いでしょう。

またいつも同じ婚活パーティーに参加するのではなく、違った種類の婚活パーティーに参加したり、違う会社主催の婚活パーティーに参加してみたり、街コンなどにも参加してみるといいかもしれません。

婚活サイトも複数の種類の婚活サイトが存在しているので、複数利用してみるなど自分に合った婚活方法を一度見直してみましょう。

ポイント②交友の輪を広げてみる

婚活パーティーや合コンなどに参加する場合はつい結婚相手を探す目的になってしまいがちですが、婚活パーティーや合コンで知り合った同姓同士で仲良くなると一緒に参加したり、合コンに呼んでもらえたりと出会いの場を広げることができるのでおすすめです。良い人がいないと思ったときは気持ちを切り替えて、交友関係を広げれば婚活地獄を抜け出すキッカケになるかもしれません。

ポイント③いったん婚活をお休みする

きっと、良い人に巡りえない焦りや誕生日やイベントが近づくまでに良い人を見つけたいと目標にして婚活を頑張って毎週婚活パーティーに参加していると婚活疲れを引き起こしてしまいますよね。なので婚活が辛く感じたときや婚活に疲れを感じたときはいったん婚活をお休みすることをおすすめします。その方が、気持ちがリフレッシュされて婚活に前向きに取り組むことが出来ます。

 

参考:結婚率の高い都道府県ベスト3は?

 

ちなみに結婚率の高い都道府県と反対に結婚率の低い都道府県ってどこか気になりませんか?ここで結婚率の高いと度府県をご紹介します。

結婚率の高い都道府県:男性

1位:奈良県

2位:滋賀県

3位:福井県

結婚率の高い都道府県:女性

1位:福井県

位:滋賀県

3位:岐阜県

男女共に滋賀県と福井県は結婚率が高いことに驚きませんか?福井県は持ち家率が高く家も広く建てられて居ます。3世代の同居世代が多いので、出産しても育児の手助けがしてもらえる環境にあるのです。なので出産しても、女性が仕事を続けることも出来ます。そのため、結婚するための生涯はなく、また失業率が低いのと合わせて貯蓄率も高いため生活が安定している都道府県なのです。

また、貯蓄率の高さもさることながら、世帯所得率でも福井は上位に入ります。また教育県とも呼ばれているので、子育てに向いている都道府県であると言えますよね。

もし自分の住んでいる地域にこだわりがないようなら、結婚率の高い都道府県もいいかもしれません。

まとめ

今回は、婚活地獄について記事を書かせて頂きました。やはり婚活に悩む男女は多いようです。しかしそのまま婚活を続けているとこの記事で紹介したような婚活地獄へとはまってしまいます。なので、婚活をすることが辛いと感じたら、少し婚活を休んだり、婚活の方法を見直すことをおすすめします。

どうでしょうか。分かりにくいところなどなかったでしょうか。

それではこの記事を参考にして、婚活地獄に備えてみてはいかがでしょうか?

その他カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。