婚活で知っておくべき嫌われないメールの頻度とは?



婚活中、相手との連絡の頻度ってどのぐらい?

婚活して知り合った相手とイイ感じに!しかしお互い忙しいため会えない日はメールやLINEでの連絡をとりあう方も多いかと思います。しかし、こっちから送っても返事がなかなか返ってこなかったり、反対に自分が忙しいのに相手からメールやLINEが頻繁に送られてきて対応するのが大変!なんて方まで。

そこで今回は、婚活におけるメールやLINEでの連絡頻度はどのぐらいを目安にしたらいいかをテーマにして情報をまとめました。この記事を読んで参考にしてみて下さいね。では最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

相手がイヤになる連絡の頻度って?

婚活サイト、マッチングアプリ、結婚相談所などで知り合った相手というのは相手の素性がまだまだ不明な点が多いですよね。会ってデートしているときは相手のことが好きなのに、メールなどのやりとりになると相手のことを面倒に感じてしまったり、、、と。そこで相手がイヤになってしまう連絡の頻度について調べてみました。

見えない相手だからこそ気になってしまいますよね。そんなときこそメールでもいいから繋がっていたいと思うもの。しかし、あまりメールや電話が得意ではない男性や女性も多いはず。そこで”相手がイヤに感じてしまうメールの頻度”を下にまとめました。あなたもそのような行動をしてしまっていないか注意してみてください。

頻繁にメールがくる!

1日に何度も何度もメールが来てしまい段々相手のことを恐怖に感じるように!また何度もメールがくると”この人本当に働いているのか?”と疑ってしまいますよね。1日に何十件と連絡を取り合っていたのは学生時代だけ。大人になってそこまで連絡を取り合うこともないはず。相手のことを気にかけるのは良いことですが、やはりあまり送り付けるのは良くありませんね。

返信が異様に早い!

メールを送ると1分以内に返信が。男性からすると、携帯を手放さずメールを届くのを待っているのかな?とちょっと怖くなってしまいますよね。女性は返信が早い方が多いかと思いますが、付き合う前や付き合いたての頃などはあまり返信を早く返すことはおすすめしません。少し落ち着いて、頃合いを見計らって送るようにしましょう。

返信が1週間後!

こちらがせっかくメールを送っても、返信は1週間後。確かに上記で頻繁に送り付けるのはよくないとご紹介しましたが、あまりに返信が返ってこないと相手に対して冷めてしまいますよね。”仕事が忙しい”などは理由になりません。相手に好意がある場合はなるべく間を空けず返信するようにしましょう。



どの程度の頻度ならイヤにならない?

では、どの程度の頻度が好ましいのでしょうか。相手との連絡とは個人差があるので一概にこの頻度である!とは言えません。しかし一般的な頻度を例としてあげるならば、1日1~2通、1週間に3日ほど連絡に留めておくのが好ましいでしょう。

しかし、連絡を交わしているのに一向に会う機会がなく3か月ほど経過しているなら、違う人に切り替えた方が良いでしょう。メールのやりとりなどで1か月連絡を交わしているのにも関わらず会っていないのなら、見込みがないと判断しましょう。

では、婚活における”相手を不快にさせてしまわないメールの頻度”をご紹介します。この方法をおさえておけばメールに悩むことはなくなるでしょう。ぜひ参考にしてみて下さい。

相手を理解し歩み寄るべし

相手が心地よい、タイミングがいいと感じる頻度は個人差があります。毎日連絡を取り合っていたい方やメールはさほどしなくても大丈夫という方ももちろん居ます。相手に尋ねるのは気を使わせてしまうので、まずは他愛もないメールなどを送り相手からの返信を待ちましょう。もしその返信が2~3時間後だったなら、その相手にとって都合のいい時間は2~3時間ということになります。

このやりとりを繰り返していれば相手の生活が見えてくるようになり、自然にメールの頻度が決まってくるでしょう。



 TPOを弁える

また上記のような流れを掴み頑なにその流れを守ってしまうと、せっかくメールで盛り上がったとしてもチャンスを逃してしまいます。相手が好きな話題や興味を引く話題であれば、メールのやりとりも増えることがあります。

メールの頻度には個人差があるので、今は相手からも返信がよく来ていると感じたのなら、相手もあなたとのやりとりを楽しんでいるということなので、時と場合を考え恋の駆け引きを行いましょう。この駆け引きが出来るようになれば自然と相手のことを敬うことができるようになります。

連絡だけの友達にはならない

あまりに嫌われるのを恐れるあまり、メールを送ることが出来ず相手の様子を伺ってばかりのメールになってしまうとただの連絡を取り合うだけの友達止まりになってしまいます。1通と制限してメールを送るより1日に短い文章を2回、3回にわけて送れば相手も“自分のことを考えてくれているのだな”と好感を抱いてくれます。

相手の時間を知る

何か相手が作業しているときにメールを送ると、相手の負担となってしまうこともあるかと思いますが、相手の手が空く時間帯やプライベートになる時間、休憩時間など知っておくと相手に負担をかけることなく連絡のやりとりができます。相手の時間帯がまだよく知らない場合は、「この時間帯に連絡をしても大丈夫ですか?」と尋ねておいてもいいでしょう。

仕事中に何度もメールしては相手に不快な印象を抱かせてしまいますので、相手の時間の手探りが必要です。

エニシーはコチラ!(18禁)

勝負は最初の1か月

では、ポイントをおさらいしてみましょう。この下記の5つのポイントを押さえておけば失敗してしまうことも少なくなるでしょう。

まずは自分からメールを送ってみて、相手のTPOに合わせたメールの頻度を考える

メールの頻度も大事だが相手が盛り上がってきたら恋の駆け引きを実行する

メールだけの友達にならないように注意する

相手の時間帯を知っておく

メールだけの関係を続けるのではなく、デートの約束を取り付けるなどした方が好印象を与える

このポイントを守ると自然と相手からあなたに会いたいと思うようになります。文章だけで相手の心を射止めるのは難しいかと思います。メールだけで距離を埋めようとするのではなく、付き合って1ヵ月の間にデートの約束をとりつけ勝負することが最善かと思います。

男性がキュン♥ときちゃう女性からのLINEってなに?

メールのやりとりも段々何を送ろうか内容に困る女性も多いかもしれません。そこで男性が女性から来ると思わずキュンとしてしまうLINEの内容をまとめてみました。こういった方法を試しながらぜひ相手との距離を縮めてみてはいかがでしょうか。

私もちょうど、今〇〇さんにLINEするところだったんだ♪

自分が連絡して相手からこういった返答がくると離れていてもシンクロしているといった感じが男性としては嬉しいようです。このフレーズを聴くだけで”あなたと気が合う”と思うのです。またLINEのときだけでなく相手が、「今日は焼肉食べたいな~」と言っていたら「私も焼肉食べたかったんだよね!」という会話の流れも相手とのシンクロをうむのです。

男性はこういった部分も嬉しいと感じてくれるようです。

今日って〇〇の日だよね、頑張ってね!

なぜいいのかというと、男性からしたら”以前に言った何気ない内容を覚えてくれている!”というところがポイントになるようです。「前に〇〇さんがおすすめしてくれた本、気になって読んじゃいました!」などの報告も男性はキュンとしてしまうようです。会話を覚えているだけではなく相手に寄り添っている雰囲気が出ていますね。

自分のLINEの雰囲気に合わせてくれる女性

自分の文章のスタイルや長さ、スタンプの使い方などLINEの雰囲気を自分と合わせてくれる女性も男性にとっては嬉しく感じる男性も居るようです。ミラーリング効果と言って相手の仕草を自分も同じく仕草をすることによって相手に好感をいだく効果です。LINEでもこの効果を使い、相手の男性と同じスタンプをダウンロードして使ってみるのもひとつの方法です。

 

まとめ

いかがでしたか。メールやLINEでのやりとり。相手に嫌われたくないとついついメールの頻度について悩んでしまいますよね。せっかく気の合う方を見つけたのですから、そのまま交際まで発展してしまいたいところでしょう。まずは、相手に嫌われたくないとなど考えずに相手に寄り添う姿勢から始めてみてはいかがでしょうか。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事を参考にメールの頻度について参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

婚活カテゴリの最新記事