アラフォー婚活の現実ってご存知ですか?


 

アラフォーが直面している婚活の現実!

なぜ結婚できないまま40歳を迎えようとしているのか。そこでアラフォーのあなたがなぜ結婚にいたらなかったのかアラフォー婚活の現実をこの記事にまとめました。もしまだまだ自分は結婚したいと思っているならぜひ、参考にして下さいね。では最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

あなたはいつまでも”女子”ではない!

きっとアラフォーで婚活してみると、自分より若い年齢の子が居たり、好みの男性と巡り合えなかったりと厳しい現実と直面しているアラフォー女性が多いようです。このサイトで何度かお伝えしているのですが、男性は女性の年齢を最初に重要視します。あなたが1歳年齢を重ねるごとに男性はどんどん若い子を選びます。ですから年齢を重ねた分だけ厳しい現実が待っていることを理解しましょう。

男性は45歳以上は結婚相手に選ばない!

婚活サイト・エキサイトが実施したアンケートの調査結果によると、男性の約62%が「年下」の女性との結婚相手を希望しているとの結果が出ているのです。しかし女性の結婚相手に求める年齢差というのは±3歳なんです。つまりこの結果によると、あなたが今、40歳であるならば、45歳までに結婚相手を見つけないと結婚することがますます難しくなってしまうのです。

40歳~46歳の男性の場合、希望する女性の年齢は27歳~36歳までの女性を希望しているのです。あなたが40歳で同い年の男性を希望した場合、男性の結婚したい女性は最大35歳までなのです。

男性が年下の女性を希望する理由としては、「子供を産めるように」「若い奥さんを自慢したい」などといった理由があげられるようです。大手企業に勤めているエリート男性ほど若い子を選ぶ傾向にあるようです。ちなみに40代男性も高収入でなければ婚活パーティーへの参加が難しくなっているようです。

 

あなたは大丈夫?アラフォー婚活女性の痛い5つのポイント

ではなぜあなたの婚活がうまくいかなかったのかその事例をあげさせていただきます。あなたもついついしてしまっていないか確認してみて下さい。

相手に求める理想が高い!

アラフォー婚活女性の難航する女性の共通点が”20代の頃にモテていた”かどうか。男性にちやほやされていたので結婚相手を妥協することができなくなっているのです。

昔の交際相手や自分を口説いてきた男性を基準にして男性を判断してしまいます。なので婚活で出会った男性にも様々なダメだし。もはやあなたは”女子”ではないのです。いつまでも”女子”気分でいるとなかなか結婚は難しいでしよう。

まだまだ若いから大丈夫と思っている

“美魔女”という言葉がもてはやされてきました。アラフォー婚活女性のプロフィールの欄には”年齢より若く見られます”というコメント。確かに老けて見られるより若く見えたほうが婚活では有利に働きます。しかしアラフォーが20代の服装や化粧をマネしても痛々しいアラフォーの完成です。

女性はその年齢によって年齢相応の似合う服用やメイクなどがあります。無理に若い子に対抗して若く見せようとしても男性は引いてしまいます。また大人の魅力は半減し、安っぽく見えてしまうだけです。


努力する部分を間違っている

これはアラフォーの女性だけではありませんが、女子力を磨こうとして習い事を始めたりする女性が多くみられます。見た目をよくしたいからといって、高級なエステに通い始めたりするなど習いごとによってお金をかけているような習い事だとこの女性はお金がかかって面倒な女性だなと印象を抱いてしまいます。

また女性によっては、男性とのデートより習い事を優先させてしまう女性まで!結婚に役立つ習い事ならいいかもしれませんが自己満足な女子力磨きは返って逆効果となってしまうので注意が必要と言えるでしょう。

結婚に必死

女性がやはり考えるところとして妊娠、出産の部分ではないでしょうか。やはり年齢を重ねてしまっているのですぐにでもしたい!という気持ちはわかります。しかし、焦ってしまうのはよくありません。

婚活しているアラフォー女性は相手と気軽に付き合うことができません。また結婚できるかできないかの判断で選んでいるので、視野が狭くしてしまいがちです。まずは、どんな相手でもお食事やデートなどを重ねてみれば気が合って、自然と結婚に結びついたかもしれません。こういった焦りの気持ちがせっかくの縁もつぶしてしまうことも多々あるのです。

職業_男女向け

母親に従う

中には。母親の意見に左右されて、せっかくの縁を台無しにしているアラフォー婚活女性もいます。例えば良い人と知り合って交際することになったとしても、母親がこの人はダメなんじゃないかとか、他に良い人がいるだろうなどと娘に意見をしてきます。

そこで、反対する母親に強く反抗できればいいのですが、「お母さんがそう言うなら、、、」と迷ってしまい結局、結婚まで結びつかなかったというケースも実はあるのです。あなたのお母さんが結婚すのではなく、あくまで結婚するのは自分ですから、素敵な男性と出会ったのなら、母親の意見に流されず、しっかりと自分の意思を尊重し結婚なさって下さいね。

 

アラフォー婚活の現実をくつがえす!救済ポイント

あなたにはきっといろいろな相手に求める条件が出来上がってしまっています。アラフォー婚活を成功させる極意とは、“相手に条件をつけすぎないこと”例えば、10歳年が離れている人や、バツイチなどの離婚歴がある人、子供がいる人など除外せずきちんと自分の視野にいれましょう。相手に求める年収も”自分の年収も合わせれば生活できる!”無職じゃなければOK”など広く条件を設定しましょう。

マッチングアプリや結婚相談所に登録しているなら、相手からの申し出には積極的に対応しましょう。例え相手の男性が自分の掲げる条件と異なったとしても、実際にデートしてみたら相性が良かったということも起こりえます。

男性は自分好みに育てる

アラフォー女性の相手となる男性は40代以上の男性が相手となることが多いかと思います。しかし、40代以上で未婚となると、何かしらの問題を抱えている男性も少なくありません。女性との恋愛経験があまりなかったり、女性のエスコートが下手だったりするのはよくあることです。

また独身生活が長いと、自分中心の行動や言動も目立ってしまうかもしれません。しかしそこで、この男性はダメ!と離れてしまうといつまでも結婚することはできません。なので、理想の男性を探すのではなく、自分で相手の男性を育ててみてはいかがでしょうか。

男性は女性から指摘されないと何がいけないのか、何が悪かったのか分からない男性もいます。そこでデートのときも「ここに行きたい!」「これが食べたい!」ときちんと相手に要求しましょう。そうすれば、今まで女性のエスコートが苦手だった男性も女性好みに育つことが出来た男性もいるのです。

オタク婚活No1のアイムシングル

自分が幸せにしてもらうのではなく、相手を幸せにしてあげることを考える

婚活女性の中には、「結婚して私を幸せにしてくれ!」という願望を抱いた女性も多々見られます。アラフォー女性はそれなりの人生を積んできた女性ですから、なかなか相手が差し出してくれても「これは私の望んだものじゃない!」と相手にダメ出しするような場面も。これでは婚活が成功しません。

ですから、相手から与えてもらうのが当たり前という受け身の姿勢ではなく、「一緒に幸せを掴む」それどころか「私が相手を幸せにしてみせる!」という気持ちで婚活に臨んで頂きたいところです。

アラフォー女性がなるべき姿というのは、自分を幸せにしてもらうという考えばかりではなく、相手を幸せにするために何をしてあげれるかを考え、自分の幸せを他人任せにせず、しっかりと自分で責任を持てる女性になることです。そうすれば、このアラフォー女性の婚活の現実をくつがえすことができるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。アラフォー女性の婚活の現実というテーマで記事を書かせて頂きました。やはり、女性というのはどこかで男性に幸せにしてもらいたいと考えるのは当然のことかもしれません。しかし、男性は結婚相手を選ぶときに見た目より内面で結婚相手を選びます。なのであなたの内面が上記でご紹介したようなことがあると結婚は難しくなってしまうかもしれません。ですから、自分も相手を幸せにしよう!という意識をもって婚活に励まれてはいかがでしょうか。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事を参考にしていただき、アラフォー婚活の現実と向き合ってみてはいかがでしょうか?

アラフォーカテゴリの最新記事