マッチングアプリで”会う”ときに気を付けたいこと!

マッチングアプリで”会う”ときに気を付けたいこと!

はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンター

昔は出会い系と呼ばれていた時代は過ぎ去り、今の出会いの大半はなんとマッチングアプリで出会っているのだとか。昔は出会い系サイトと呼ばれるコミュニティサイトなどで未成年が事件に巻き込まれたり、殺人事件があったりとなかなか怖いイメージも根強くイメージがついている方も多いはず。

ではマッチングアプリと出会い系サイトはどう違うのでしょうか。なぜ恋人探しにマッチングアプリを使う若者が増えたのでしょうか。

マッチングアプリって何?

マッチングアプリとは需要のあう二人をネットワーク上で結びつけるアプリです。出会いが欲しい男女だけではなくビジネスしたい者同士のマッチングアプリもあります。健全なマッチングアプリでは身分証明書や年齢確認が必須となっており運営によって管理されています。またfacebookと連携されているためステータスが「婚約中」や「結婚している」人は登録できないようになっているのも特徴です。

facebookと連動になっていることから、その出会いたい人が自分の知り合いと繋がっているので出会い系より危なくないという認識みたいですね。

サクラや業者はいないの?

出会い系にありがちな業者やサクラはマッチングアプリには居ません。なぜならマッチングアプリは月額固定でメッセージなどのやりとりはし放題なので業者などにメリットはないからです。しかし、気を付けてほしいのが、ヤリ目的の男性や既婚者はいることもあるので注意が必要です。

 

危ない人の見分け方とは?

ここでマッチングアプリを利用する際の気を付けて欲しい危ない人の見分け方をご紹介します。まず、すぐに近づこうとしてくるような人や、すぐにLINEなどのアプリに誘導してくる人にも気をつけましょう。相手のことをよく知りもしないのにLINEなどを聞いてきたりするのはおかしいです。

また業者の特徴として、会話のやりとりが成立しなかったり、プロフィールでの充実アピールがすごい、外部サイトへの誘導するようにしてきたら注意が必要です。

ヤリ目的の男性の特徴

メッセージを始めたばかりなのにいきなりデートに誘ってくる男性には注意しましょう。相手のことを知らない状態なのにいきなり会おうとしてくるのはおかしいですよね。相手が自分に好意があるなら、やりとりを何回か重ねて関係を深めてから会おうとするはずです。すぐに会おうとする男性はあまり信用しない方がいいでしょう。

22時以降に会おうとしてくる男性

夜分遅くに会おうと誘ってくる男性にも気を付けましょう。22時に会ったら終電を逃すよう仕向けている可能性があります。相手がイケメンだったとしても、夜分遅くのお誘いは断った方がいいでしょう。

最初から距離が近い人

会ったこともないのに、メッセージがいきなりタメ口で距離をつめてくる男性も要注意です。中には初めから、下ネタを言ってきたり、気持ち悪いことを言ってきたりする人もいるのでこの人おかしいなと感じたら、会うのは止めといた方がいいでしょう。

 

既婚者の特徴とは?

既婚者か見分けるのは容易なことではありません。facebookなどで家族の写真をあげていたら話は別ですがそうとも限りません。マッチングアプリで身元を隠し遊ぶ相手を見つけているのですから以下の男性には気を付けましょう。

郊外に住んでいるのに都心の会社勤めの場合

実家住まいで郊外だったらまた話は変わってくるのですが、一人暮らしだったら都心の会社に勤務していたら、わざわざ郊外の遠い場所から通勤する必要がありません。なのでそういった人はきちんとした理由がないと家族で住んでいる可能性が高いのです。「大学時代からそこに住んでいて住み慣れてるから」など理由があれば話は別ですが、もし住んでいる場所に違和感を感じたらきちんと理由を尋ねてみましょう。

イベントの日には会えない

家族の居る方の特徴がイベントの日には会えないことが多いことです。年末年始はもちろん、クリスマスや相手の誕生日などイベントの日には会えません。何かしらの理由を作って会うのを避けようとします。家族とイベントの日は過ごすので当たり前ですよね。あなたにも独身と偽っているのと同時に、家族にも内緒にしているのでバレてしまわないよう必死です。

土日などの休日に連絡は取れない

平日の昼間には連絡を取り合うことが出来るのに土日などの休日になるとあいてと連絡がとれない方もいるのではないでしょうか。休日は、相手の奥さんの目があったり、子供と遊んでいるからかもしれません。休日でもきちんと連絡がとれるか確認してみて下さい。

この上記のポイントに当てはまるような方は既婚者かもしれないので注意が必要です。

 

相手と会うときに気をつけたいポイントとは?

こちらは会ったときにぜひ、気を付けてもらいたいポイントです。女性ならなおさら押さえてほしい内容になります。いくら相手のことを信用していても最初は以下のポイントに気をつけましょう。

相手のプロフィールには騙されない!

マッチングアプリは、素性の知らない相手と出会うことになります。相手の情報はプロフィールからしか得ることが出来ません。そのため相手が真実をプロフィールに書いているとは限らないので注意して相手と会いましょう。

プロフィールの内容と差異が出てくることもあるかと思います。そこであなたの相手に対する譲れない部分を決めておくといいでしょう。そうすれば、後々にプロフィールと違う部分が出てきても、交流を続けるかの判断をしやすくなり、必要がなければ相手との関係を切ってしまうことが出来ます。

個人情報は教えない

いくらメッセージのやりとりを交わし、相手のことを信頼したとしても、会ってすぐに自分の住んでいる所や、最寄りの駅、働いている所など個人情報を話すのは止めておきましょう。うっかり自分のことを話してしまい、相手との関係を切りたくなったときに、怖い思いをするのは自分です。

あとアプリから、LINEの交換をしLINEでのやりとりになった際にLINEの名前を本名で登録している方も注意しましょう。本名からfacebookで検索され友人関係から勤務先を割り出されてしまう可能性もあります。ですので、マッチングアプリでLINEの交換をするときは、なるべく自分から相手のIDを聞いて、自分から連絡するようにしましょう。

そうすれば相手が何か違うと感じたときに、相手のことをブロックできますし、またネット上で個人情報など公開されたり拡散されたりの心配がなくなるのでおすすめです。

相手との待ち合わせ先は混雑しているところに

相手との待ちあわせ先は人の多い混雑している所を選ぶといいでしょう。混雑しているとなかなか、相手を見つけるのは困難です。それは相手も一緒です。なのでこの状況を逆手にとり、相手を先に発見し、どんな人なのか確認しておきましょう。

もし、相手がプロフィールの写真と違っていたり、生理的に無理と感じたり、相手が一人ではなく複数だったとしても相手に気づかれずに立ち去ることもできます。自分が先回りして相手を見つけれる場所を待ちあわせ先に選ぶといいでしょう。

自分の住んでいるところから離れた場所を選ぼう

また待ちあわせ先は、自分の生活が特定されない場所を選んだ方がいいです。自分の近くに住んでいるところを待ち合わせ先に選ぶと住所を特定される危険があります。また、初めて会う場合は、2人きりになるような状況がうまれてしまう場所は避けた方がいいです。なるべく人が居るところを選びましょう。

最初は昼間に会おう!

夜に相手と会ってしまうと、お酒を飲むお食事会になる可能性が高くなります。男性はお酒で女性と仲良くなろうと強引に勧めてくる方もいます。やはりお酒がはいってしまうと、判断が鈍ってしまうので男性の下心を回避するためにも昼間に会った方がいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。著者はマッチングアプリという名前はあまり聞いたことがなかったのですが、若者の間では流行っているのですね。女の子たちはゲーム感覚でマッチングアプリを楽しんでいる子もいるみたい。マッチングアプリも恋人用と暇つぶし用と使い分けて使っているようですね。

昔は出会い系サイトは危ないって感じでしたが、最近のマッチングアプリではみんなの中で健全という風に感じている人も多いみたい。なのでアプリを利用して相手を探す人も増えてきているようです。

時代は進化してきていますね。しかしやはり油断は禁物です。ヤリモクの人や、既婚者が潜んでいる可能性もありますのでしっかりと相手を見極めて会うことが大事です。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事を参考にしてマッチングアプリで会ってみてはいかかがでしょうか?

マッチングアプリカテゴリの最新記事