アラサー婚活はなぜ厳しい?

 

日本の女性の適齢期は28歳と言われています。しかしなぜそんなアラサー世代が婚活で苦戦されている方が多いようなのです。はたしてなぜアラサーが婚活市場で厳しいと感じてしまうのでしょうか。

あんなに20代前半のときに受けていたお誘いや口説きが30代になってきた途端に減ってしまうのはなぜなのでしょうか。そこで今回はアラサー婚活を厳しいと感じてしまうあなたのためにこの記事に救済ポイントの情報をまとめました。ぜひ最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう!

 

30歳になった途端になぜ?現代に何が起きている?

 

このサイトでもご紹介したとおり、実は今結婚している方の大半が実は20代ですでに婚活されている方が大半なんです。昔までは婚活市場というのは、アラサーがしているイメージでしたが、近年では、20代でも婚活パーティーに参加しに来ている女性も多くなってきているのです。参考リンク⇒婚活を始める年齢とは

20代女性とアラサーのあなたが同じ婚活パーティーに居たとしたら男性はどちらを選ぶと思いますか?結果はもちろんあなたの方がその女性よりキレイだったとしても20代女性を選ぶのです。

 

20代女性約7割が結婚願望を抱いている?

ちなみに20代女性が結婚したい理由としては「早く家庭を持ちたい」「子供を産みたい」といった理由が多くあがっているようです。しかしその他の理由としては、「安定や安心を求めている」といった意見も。つまり今の若い女性は経済的な面で結婚したいという願望を強くもった女性が20代には多く見られるようです。

そして早く仕事を辞め専業主婦になりたいという意見も。つまり20代で結婚したい理由は、経済的な部分も相手に担ってもらいたいという考えが強くあるのでしょう。

また今の20代女性は、なかなか結婚できないアラサー女性の厳しい状況を目の当たりにしていることもあり、早くから婚活を行っている女性も増えてきているようです。

 

知らない間に”イタイ婚活おばさん像”になっている?

近年では婚活市場は急激に成長をとげています。大手企業が参入してきてたり、出会いを目的としたbarや出会いを目的とした相席居酒屋など、男女の出会いの場は拡大されつつあるのです。

つまり出会いの確立は増えているような気もするかもしれませんが、それは競争相手の女性もそれだけ増えているということになり、競争率も増えているということになるのです。増々、アラサーの女性にとっては、厳しいと言えるかもしれません。ひと昔前では、身だしなみを整えていればカップルは成立できる時代でした。しかし、競争率があがってきた近年では、身だしなみを整えるだけでは、男性に見向きもされなくなってきているのです。

イタイ婚活おばさんって?

“イタイ婚活おばさん”って言葉ご存知ですか?要は自分のスペックを棚にあげ相手に高望みを欲求するアラサーの婚活女性のことなのです。例えば女性は、普通の男性が好きと言いますが、普通の男性というのはそうそう居ません。普通を求めるあまり相手の候補を狭めていることに気付いていない女性が多いのです。あなたは相手にルックスも年収も性格を求め、自分のことを棚にあげ、男性を判断してはいないでしょうか。

そういったときは、自分の相手に求める”譲れない条件”を設定しその条件以外は許容範囲に設定するなど条件を広げることで相手の男性というのは、すんなり見つかるものです。

反対を考えてみよう

自分がイタイおばさんになっていないか知りたいと思ったときは反対の立場を考えてみましょう。婚活パーティーに参加したときに、参加している女性のなかで自分が上位のレベルにはいるか見てみましょう。例えば自分はトップ5にランクインできるか、アプローチカードは何人から受け取っているかどうかを考えてみると、自分が高望みしていないか、イタイ女になっていないか判断できるのではないでしょうか。

 

アラサーでもまだ大丈夫!しっかりと現実を受け入れましょう!

アラサーの婚活は確かに厳しいかもしれません。しかしまだまだ婚活市場にはあなたより年上の方々も婚活されています。そこで今からでも頑張って婚活を続けていれば必ず結婚できるのです。しかし、あなたが相手の男性に”高望み”を続ける限り婚活はまだまだ続くといってもいいでしょう。

しかし、少し出遅れてしまいましたが、今頑張らなければ、ますます婚活市場で厳しいと感じてしまいます。そこで今一度以下のポイントを見直してみてはいかがでしょうか。

高望みは捨てよう

生涯に1度の結婚。だから失敗はしたくない!後悔はしたくない!とみんな考えるのは当然のことです。ですが、条件を設定しすぎると、それだけ相手の男性が現れる確率というのは低くなってしまいます。また、昔モテた経験のある女性ほどこういった条件を多く相手に求めてしまう傾向にあるようです。

せっかく良い相手を見つけても”この人より良い人が居るかも”と考えてしまったら、せっかくのチャンスも逃してしまうでしょう。その人以降、良い人が現れるとも限りません。なのである程度の高望みは捨てることが大事でしょう。

忙しいを言い訳にしない!

この年齢になるまで結婚出来なかったのは仕事が忙しかったからなど仕事のせいにしていませんか?また自分磨きのための習い事など仕事を言い訳にして逃げてはいなかったでしょうか。アラサーの独身は確かに仕事が忙しくなってくる年齢です。しかし、婚活と仕事の両立が出来なければ、婚活はいつまでたっても成功しません。なので仕事は仕事、休みの日は切り替えて婚活に励むなどしっかりと婚活と仕事のバランスを見直してみましょう。

自分が勝てるべき市場を見直してみる

友達に誘われた婚活パーティーやなんとなく参加しやすそうといった理由で婚活をしてしまっていませんか?なかなかあなたに良い相手が現れないのは、あなたが競合すべき市場を間違っているからかもしれません。年収が一番なら年収の高い婚活パーティーに参加すべきですし、ルックスを重視したいなら自衛隊や消防隊が集まるような業種限定のパーティーに参加すればいいのです。何度か参加しても良い人が見つけれない場合は開催している地域なども変更するなど一度見直してみてはいかがでしょうか。

待ってちゃ始まらない!アラサーは積極的に動こう!

よくモテ本などでは男性は追いかけたくなる女性が好きと書いてありますが、ただ動かないで相手からのアプローチを待っているだけの女性では、20代の女性や他の女性に負けてしまいます。好みの男性ではなくても積極的に話題を見つけて、コミュニュケーションをはかっていきましょう。待っているだけではさらに周りに差をつけられてしまうのです。笑顔を意識しどんどん男性に絡んでいくといいでしょう。

 まとめ

いかがでしたか。アラサーになってそろそろ結婚!と思って行動してもなかなか結果を出すのは難しいようです。周りがどんどん結婚していって焦る気持ちや寂しい気持ちがうまれることでしょう。しかし、そんなときは少し肩の力を抜いて自分を見直してみたり、相手に求めすぎていないかなど少し考え直してみるのもいい方法かもしれません。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事を参考に試してみてはいかがでしょうか?

アラサーカテゴリの最新記事