【婚活女性必読】相手を傷つけない断り方を教えます!

【婚活女性必読】相手を傷つけない断り方を教えます!




相手から誘われたけど断りたい!みんなはどうしてる?

婚活パーティーなどで知り合った相手からお誘いが!でも正直あまり乗り気じゃない、、、でもせっかく誘ってくれたし、どうにかこうにか相手を傷つけずフェードアウトしたい、、、と悩んでいるそこのあなた!ということで今回はそんな悩んでいる女性のために、相手を傷つけず断る方法をこの記事でご紹介したいと思います!ぜひ参考にして下さいね!では最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう!

 

ポイント1:別な相手を見つけたと断る

 

せっかく自分に好意を抱いてくれ誘ってくれた相手です。なるべく相手を傷つけないためにはこの方法が良いかもしれませんね。他の婚活パーティーで別な相手を見つけた、別に気になる人ができたなど言ってソフトに断りましょう。相手の苦手な部分を指摘してしまうと、相手が傷ついてしまいます。なのでこの言い方で遠回しに断り、相手を傷つけないようにしましょう。

 

ポイント2:申し訳ない雰囲気で断る

悪いのは自分と割り切って相手に誠意を見せながらお断りする方法もあります。「〇〇さんに悪いところはありませんが考え方の不一致ということでこれ以上、あなたとのお付き合いを続けるのは難しいです。短い期間でしたが貴重な時間をありがとうございました。」しっかりと断りつつ最後に感謝の言葉を足すことで、相手を傷つけない断り方となっています。

 

ポイント3:相手の長所が自分には合っていないと断る

相手の長所が自分と合っていないと伝えると相手に悪い印象を与えることなく断ることができます。よく男性が相手を断るときに使う手法です。「その部分がいいところであるけれども、僕は君と同じように優しくすることはできないし、気を使わない相手の方が楽なんだ」といった具合に自分にとって相手は勿体ないという断り方をするといいでしょう。

自分の短所と相手の長所の相性の合わないことを理解すれば、相手も仕方ないんだと諦めがつきやすいでしょう。このときに、自分の価値を下げすぎると相手には皮肉に感じてしまうので、やりすぎには注意しましょう。

 

ポイント4:段々と距離を置いてさりげなく断る

まだそこまで仲良くなっていないなら、段々と連絡を少なくしていく方法もありです。「ごめんなさい、今の時期は仕事が忙しいので」と断ってしまいましょう。相手に多少なりともダメージを与えてしまう方法ですが、相手も諦めやすくなります。

メールの内容を短くしていったり、返事を遅く返してみたり、会話が盛り上がらない内容を送るなどして相手に脈はないと察しさせて相手から離れていくのを待ちましょう。

 

本当に断っていいの?逃したら二度と会えない相手かも!

断り方をご紹介してきましたが、いかがでしたか?しかし、本当に断っていい相手なのか真剣に考えましたか?婚活歴が長くなってくると、早々に相手を見切るのが早くなってしまいがちです。しかし、その相手を断ってもし、その相手以上に良い相手が出てくるとは限りません。そこで以下のポイントをもう一度確認してからお断りしても遅くないかもしれません。

1回以上は会う

もし一度会っただけで判断しているならそれは、決断が早いです。一度会っただけで、相手の情報が何もないまま断ってしまうと後悔する確率が上がってしまいます。最低でも1回以上は会う会う機会を設けましょう。1回目は緊張していて印象がイマイチだったかもしれません。2度目や回数を重ねて会うことで相手の見えなかった部分が見えてくるかもしれません。その部分を見て判断しても遅くはないと思います。

相手の内面で判断!

見た目や第一印象が自分の憧れからかけ離れていたとしても、まずは相手の内面を重要視しましょう。もしかしたら自分の求めるような人物像ではなかったとしても、どこか人より秀でている部分があるかもしれません。

自分の態度を変えてみる

もしかしたら、自分の対応が悪かったために相手とのやりとりも苦痛に感じてしまったのかもしれません。相手のことを苦手と感じるあまりに塩対応してしまって相手との時間が楽しいと感じていないのかもしれません。そういったときは発想を転換させて考えましょう。

印象が悪ければ相手に期待する必要はありません。緊張したり自分を良く魅せる必要もないので気持ちが楽になる相手ということにもなります。相手を良くないと思ってしまうと相手の良くない部分ばかり目がいってしまいます。なので発想を転換させて相手への態度を少し見直してみるのもいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。やはり相手を傷つけないように断る方法を考えているところは女性特有の部分ではないでしょうか。しかし、せっかく出会った相手です。何かのご縁があるかもしれません。断る際は慎重に検討してから断る方が賢明と言えるでしょう。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

婚活カテゴリの最新記事