婚活中に知っておけば役立つ!メールの内容とは?

婚活中に知っておけば役立つ!メールの内容とは?

エルセーヌ

婚活において相手との関係を左右すると言っても過言ではない相手とのメールなどのやりとり。婚活を続けている女性の中にも、”失敗してしまった””相手が気になるけどやりとりが続かない”など悩んでいる女性は多いかもしれません。ましてやネット婚活においては、メールのやり取りは相手を知るためや、自分を知ってもらえる重要な役割を担っています。

しかし、相手からの反応がなかったりすると「自分のメールの内容が悪かったかな、、、?」と悩んでしまう女性も多いはず。メールの内容はどんな内容にしようか悩んでいませんか?

そこで今回は婚活において知っておけば役に立つメールのテクニックについて解説していきたいと思います。ぜひ参考にして下さいね。この内容を押さえて婚活を有利に運びましょう!では見ていきましょう!

 

最初のメールが肝心!

婚活サイトやマッチングアプリなど、素敵な自分の好みの男性を見つけるには、自分からどんどんアタックしていくことが大事です。気に入った人を複数見つけて自分から申し込みを送っていきましょう。

男性も女性から申し込みがきたら嬉しいものなのです。ただあまりにも、相手に好かれたくて返事が返ってきていないのに一方的にメールを送りつけたりするのは引かれてしまう可能性があるので注意しましょう。

最初の一言には相手のユーザー名を入れて送る

「〇〇さん初めまして△△と言います」という文から相手とのメールをしたいという旨のメールにして送ってみましょう。相手の名前をいれることで、”プロフィールをしっかりとチェックしてくれているんだ”と相手に思わせることができます。女性から名前を呼ばれると男子にとっては好印象を抱きます。

あくまで最初はシンプルな文章がおすすめです。あまりに絵文字や顔文字、記号などをいれて送ると相手も警戒してしまうこともあるかもしれません。最初はあくまでもシンプルな文で送ってみましょう。

相手の魅力的な部分を内容に書く

相手からしてみたらどの部分が良いと思いメールを送ってきたか不思議に思っているはずです。そこで最初のメールには「プロフィールを見てとても真面目そうで面白そうな印象を受け気になったため」などさりげなく相手の魅力に感じた部分もメールに書いて送るといいでしょう。男性は褒められると喜んでくれますよ。

相手と一致した価値観などを書く

人間は、共通点が多く感じると相手に好意を抱きます。ミラーリング効果ってご存知ですか?あの効果は相手と同じ仕草などを相手に見せ同調効果で相手に好意を抱かせる方法です。メールの内容の中に相手との趣味の内容や好きなものが一緒などについて触れた文章も書いて送るといいでしょう。

相手に尋ねてみる

また返事は返ってこなければやりとりは続きません。そこで疑問文にして送ると相手は返事を返しやすくなります。なので例えば「〇〇が好きなようですが〇〇さんの最近のおすすめって何ですか?」といった文章もいれてみましょう。こうすることで、相手はあなたにメールが返しやすく、自分の関心のある内容なので楽しみながら返事を送ってきてくれます。

短文にならないように注意する

最初のメールですから文章の長さも意識して送りましょう。それによって印象が変わります。短い文章だと雑な印象を抱き、長文だと面倒な印象を抱いてしまいます。人それぞれなので決まった文字数があるわけではないのですが、相手の雰囲気を読み取り適度な文字数で送ってみましょう。理想は250~300文字ほどです。

文章の使いまわしは止めよう!

前述で複数の人に送ってみましょうとお伝えしましたが、文章のコピペはやめましょう。人それぞれプロフィールの内容は違うはずです。複数に送る方が婚活的には効率的ですが、こういった行動は失礼にあたります。

誰にも通じる文章と言うのは相手につまらないという印象を与えるだけではなく、適当さも感じます。返信率をあげたいなら、相手のプロフィールはしっかりとチェックし、相手のためだけのメールを送ることが大事です。

 

返事が返ってきた!2回目以降、気を付けたいポイントとは?

上記のポイントを気を付けて相手に送ることができたでしょうか。これで相手から返事が返ってきたらとりあえず一安心ですね。しかしここからが本番ですね。返事が返ってきても相手とすぐ交際が始まるわけではありません。婚活において2回目のやりとりから失敗してしまう女性が多くいるのです。それはメールの内容が原因になっていることが多いです。では失敗の原因を以下にまとめました。

冒頭は挨拶をきちんとしよう

メールでよくありがちなのは相手の様子を伺わずいきなり要件からはいる人です。その時間帯にあった挨拶の言葉を忘れずいれるようにしましょう。朝なら、おはよう。昼間ならこんにちわ。夜ならこんばんわやお仕事お疲れ様、など。一言で構わないので入れておくるよう心がけるといいでしょう。

内容が返しにくい

相手に”今日はこんなことをした”と自分の活動内容を相手に送る方がいるかもしれません。しかしこういった内容のメールは相手にとって返事が返しにくいのです。あなたは聞いてもらいたくて送ってるかもしれませんが、相手が返事をしやすい内容になるよう考えて送ってみましょう。

相手に質問攻め!

上記で返事が返ってくるよう意識しすぎて気づけば疑問文が2つ、3つとひとつのメールの中に連続で使っていないでしょうか。あまりに疑問形でメールがくると男性はどれに答えていいかわからなくなるのと、返事を強制されているようで男性にとっては負担になってしまいます。

またメールだけではなく相手と会うことが出来れば相手がどんな人なのかそれからでも遅くはないので、メールであまりがっつくことがないよう注意しましょう。

相手を間違わないよう注意しよう

婚活サイトやマッチングアプリを利用していれば、複数の方とメールのやりとりを重ねているうちに、よくやりがちなミスが相手の名前を間違ってしまうことです。間違って送ってしまうと相手との関係はそこで終了してしまいます。あなたが他の男性と同時進行しているのがバレてしまいます。

そうなってしまわないよう、メールを送るときは相手の名前が合っているかしっかりと確認して送るようにしましょう。

暗い内容は送らない!

構ってほしいのか、自分のことを心配してもらいたいのか、あまりに悲観的な内容やメールを読んでいて気持ちが暗くなるような内容のメールは送らないようにしましょう。返事を返しにくくなりますし相手も憂鬱な気持ちになってしまいます。どうせやりとりするなら前向きな明るい内容にするようにしましょう。

 

男性が苦手に感じる受け身女子!

ここで男性が苦手に感じてしまう女性とのメールの内容を紹介しておきます。女性の中にはメールでのコミュニューケーションをとるのが苦手という方もいるはず。メールの内容は当り障りがない内容なのですが、男性が話題を作ろうとして「夜は何をしてすごしているの?」と質問しても「特に何にもしていない」と答えてしまうのです。

こういった返し方を男性にしてしまうと、男性も「へえ~そうなんだ」としか返せず、そこでやりとりは終了してしまいますよね。あまりに受け身でいると男性も疲れてしまいます。質問されたら質問を返す、話題を広げていくよう言葉のキャッチボールを意識して相手に返事をしましょう。

会話が広がらなければ相手の良い部分も分からず終わってしまいます。相手の魅力を引き出すためにも受け身だけではなく相手との会話を楽しめるよう送ってみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。婚活中においてメールのやりとりが相手との距離を縮めることができる大切なツールです。相手に好かれるように送るのは大変難しいですよね。あと、婚活で複数の方とやり取りするのは構わないですが、くれぐれも相手の名前を間違えたり失礼のないようメールしましょう。ちなみにこのサイトではこちらもよく読まれています⇒婚活で知っておくべき嫌われないメールの頻度とは?

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ではこの記事を参考にして相手にメールを送ってみてはいかがでしょうか?

マッチングアプリカテゴリの最新記事