婚活うつに陥る人が急増中!?婚活女性は早めの対策を!

婚活うつに陥る人が急増中!?婚活女性は早めの対策を!

12問の性格分析でズバリ診断!

 

婚活に疲れすぎて”うつ”状態に!?

婚活に励んでいるのになかなか成果が出ないといった方も居るのではないでしょうか。そして段々と上手くいかないストレスから疲れが積み重なり、、、

そしてこの疲れが婚活鬱(婚活うつ)へと変わっていくのです。婚活をすればするほど憂鬱な気分や、身体の倦怠感に悩まされる女性も多くなってきているのです。

相手を断るのも断られることにも疲れた

不成立の言葉を何度も聞いた

自分は結婚できない運命なのだと感じる

今まで婚活に注ぎ込んだお金や時間を考えるとやるせない気持ちになる

上記のことを感じてきているなら、あなたは婚活うつに陥ってきている可能性があります。最近では婚活特有の精神疾患に対応するための””婚活疲労外来“といった専門機関まであります。出来た当初は男性の割合の方が多かったのですが、現在では男女の割合は五分五分 になってきています。

例えばマッチングした相手からのメールが減ってしまったなどと言った些細なことでも、不信感が強くなってしまい婚活うつになってしまうこともあります。そこで今回は婚活うつについての情報をこの記事にまとめました。

ぜひ最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

 

 

婚活うつの要因とは?誰でも起こりえる症状である

婚活うつとは名称どおり婚活が要因となってうつ状態になってしまうことです。またの名を、婚活疲労症候群とも言い専門の外来を配置している病院もあります。具体的な症状としては気持ちが消極的になってしまい、やる気が起きなくなってしまう状態です。本来のうつの症状に近い状態ですよね。

また女性だけが発症するのではなく、男性にも起こりえる可能性が十分にあります。

婚活うつに陥る要因としては、婚活がスムーズに進まなことにより精神的ダメージがかかってしまうからです。一所懸命努力しているのに思い通りにいかないストレス、相手から断られてしまうストレス、早く結婚しないと、、、と自分を追い込んでしまい精神的に病んでしまい体調を悪くしてしまいます。

またこの症状に気づかないまま、なぜ結婚することができないのか、なぜ婚活が成功しないのか、答えが見つけることが出来ないまま婚活を継続させている方が大勢います。中には不安障害を発症させてしまう人も居るのです。

 

婚活うつにならないためのポイントをご紹介!

本来であれば婚活うつに陥る前に自分の症状に気づき対策をうつことが重要です。そこで上記のような婚活に疲れていると感じたら以下のポイントを試すことをおすすめします。

婚活を休憩する

婚活が長引いてしまうからこそ、婚活に疲れを感じてしまい、これが原因で婚活うつに陥ってしまいます。精神的に病んでしまうほど疲れをため込まないように心がけましょう。婚活を休憩するというのは予定に入れていた婚活パーティーなどを急に止めるのではなく、婚活に関係する予定などをいったんすべて、まっさらにしてしまいましょう。

婚活うつに陥りやすい人の特徴として”真面目な性格の人”といった特徴があげられます。真面目な人ほど一度組んだスケジュールをこなさなければいけないと考えてしまいます。しかしそれで婚活うつに陥ってしまったら本末転倒です。

ですので、一旦、肩の力を抜いてみて少し婚活を休憩してみてもいいでしょう。もしかしたら目標を決めて婚活をしていた人にとっては、「婚活を休んでしまったら目標の日にちまで結婚できないかもしれない」と感じる方もいるかもしれませんが、焦りを感じる必要はありません。

一旦休憩をし、元気になって婚活を再開した方が案外、あっさりと結婚出来たりするものなのです。

 

不真面目に婚活する

前述で述べたとおり、婚活うつに陥る人の特徴は真面目な人が特徴です。相手からの返事を返さなければいけない、相手に失礼なことをしてはいけない、など真面目に完璧に婚活を成功させようとしてしまうからこそ疲れてしまうのです。

そこで真面目から不真面目にシフトチェンジしてみましょう。婚活は勉強や仕事ではありません。真面目にする必要はありません。手を抜いて軽く考えるぐらいの気持ちでいいのです。良いと思える人が居たらその人をキープしながら婚活パーティーなどは一旦休憩しましょう。

疲れを感じないぐらいにゆったりと婚活するぐらいで丁度いいのですから。

断られることに慣れてしまおう!

何度も相手から断られてしまうと落ち込んでしまうのは当然ですよね。相手に断れたことにより自分自身を否定されたと捉えてしまう人も居ます。そのせいで婚活うつに繋がることもあります。

しかし婚活をするにあたっては、断られるということは当たり前なのです。なので断られることは当り前であるということに慣れてしまいましょう。

例えば普通の恋愛だと何か理由があって破局しますよね。ところが婚活において交際への発展の仕方というのいうのは、普通の恋愛と一緒の考え方ではいけません。婚活において断るという行為は”この人には決定打がない“といったことが大多数を占めています。

そしてそれはあなたも同じことです。他にも、もっと良い人が居るはずだ、相手との交際が想像できない、といった理由で交際を断ることがあるはずです。ですので、断ることも断られることも深く考えないことが1番なんです。

これはお互い様です。

共感できる友達を作る

女性の場合1人で婚活をしていると孤独に感じしてしまいがちです。愚痴や不満を吐き出せる誰かが居ないとストレスは身体に溜まっていってしまいます。なので婚活を支援してくれる味方や友人を探してみましょう。婚活に詳しいアドバイザーでも構いません。

自分の婚活に対する悩みや不満をすべて聞き入れてくれるような仲間を作るといいでしょう。

婚活仲間ができれば気持ちが前向きになる方もいるでしょう。また、婚活をしているのは自分だけだと思い友人などに打ち明けていない人もいるかもしれませんが、あなたから友人に相談すれば友人も実は婚活をしていた!なんてこともあり得るかもしれませんよ。


違う場所で息抜きを◎

婚活をしていると出会いの場へ習慣として通っていた方も多いかと思います。出会いの場へ行かなくなると、婚期が遠のいてしまうといった焦りを少なからず感じてしまうかもしれません。

しかしその焦りが知らず知らず相手へ求める条件の設定を高くしていたり、失敗続きの自分を責めてしまいがちです。ぜひ、気分転換を兼ねて別の場所に赴いてみてはいかがでしょうか。おすすめとしては、習い事や社会人サークルですが職場の集まりや同窓会などです。

結婚相手はどこに現れるかわかりません。婚活とは関係のない場所で出会うといったことも十分考えられます。そして婚活と関係ない場所に赴くことで婚活疲れを発散することが出来るのです。

 

うつ病予防は食事から防げる

うつ病とは普段の食事を気を付けることによりかかりにくくもなります。一度自分の食事も見直してみましょうね。

肉や甘いものをたくさん食べる人よりも、うつ病になりにくい人は、野菜はもちろんのこと、フルーツや豆類、そしてナッツをたくさん食べ、加工肉が少ない食事を心がけています。しかも注意点としては過度にこだわるのではなく、あくまでも適度に摂取できるよう心がけるといいのだそう。

また魚を食べない人よりも食べた人の方がうつ病発症リスクは17%も少ないといった研究結果もでているようです。

きっと忙しいあまり食事が偏食気味になってきている女性も多いはず。しかし過度に食をこだわり始めてしまうとますます、うつ病になってしまう可能性があるので、食事も一度見直してみることも大事です。

 

それでもダメなら早めの受診を

上記のことを試してみて、また前向きに婚活を頑張れるなら問題はありませんがすでに、精神的に病んでいたり身体の倦怠感に悩まされていると感じているなら、早めに病院を受診することをおすすめします。婚活疲労外来という専門機関を用意している病院もあります。

うつも立派な心の病気です。原因が婚活だから恥ずかしいといったことなんてありませんので、悪化してしまう前に早めに受診してください。東京都内ですと河本メンタルクリニックが有名な婚活疲労外来なようです。ぜひ一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか。婚活に疲れたと感じることがある人はもしかしたら婚活うつの初期症状が出てきているのかもしれません。そういったときは、適度な療養と食事を見直してみたりして、疲れをため込んでしまわないようにするといいでしょう。

この記事を読んでいて自分も当てはまる項目があると感じた方は専門の外来を受診してみるなど対策してみて下さいね。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

それではぜひこの記事を参考にして、婚活うつ対策されてみてはいかがですか?

婚活カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。