婚活がうまくいかないときの理由と対象法とは


 

yuka16011201IMG_5612_TP_V.jpg

積極的に合コンやイベントに参加しているのに良い人がいない、、、。友人も結婚していって紹介もない、、、ずっとこのままなのかな、と考えている方いらっしゃいませんか?婚活パーティーにも積極的に参加しているし出会いの場にも行ってるのにピンとくる男性に出会えていない、、、もう結婚は絶望的なのではないかと諦めている方いませんか?

日本の人口は1億2,564万人、そのうち男性:61013千人に対し女性:64627千人と3600人ほど余ってしまう状態なのです!(参考リンク※2017年度の推計人口)

そこで今回は婚活がうまくいかないと嘆いている女性のために婚活がうまくいくように情報をこの記事にまとめました。ぜひ最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう!

 

婚活が”うまくいく女性”と

“うまくいかない女性”の比較

carshare501IMGL2255_TP_V.jpg

では具体的に婚活がうまくいった女性とうまくいかない女性を比較してみましょう。あなたも知らず知らずのうちにやってしまっている行動があるのではないでしょうか。比較してみるとうまくいかない人には共通点があるはずです。そこを一度見直してみてはいかがでしょうか。

■婚活がうまくいく女性とはどんな人?

婚活がうまくいくという女性というのは「相性の良さ」で人間関係を判断できる女性です。結婚において最も重要なのが「相手を好きで居続けること」です。なので見た目よりまずは、相性が良い人とは真面目に付き合う、相性の悪い人とは付き合わない、というスタンスを持っている女性はすんなり結婚できてしまったりします。

男性を見たときに「この男性とは相性が良いかな」「この男性とは相性が悪いかな」という目線で男性を判断しているため相性が良ければすぐに付き合うことができ、「一生そばにいることが出来そうだ」と思えば結婚に結びつくことが可能だからです。

■婚活がうまくいかない女性とはどんな人?

 

婚活がうまくいかない女性とは男性の「条件」で判断している女性です。身長は自分より高く年収は人並みで性格は悪くなくて容姿は普通で、、、といったように条件が6つ超えてしまうと1/16の確率となってしまいます。

またそれ以上に飲酒の有無や相手の趣味、喫煙の有無など条件が10まで増えてしまうと1/1000の確率となります。1000人の中のひとりの男性なんて既に結婚していることでしよう。条件で判断した瞬間に自分の結婚相手に当てはまる人そのものがいなくなり婚活の失敗へと繋がるのです。

 

婚活がうまくいかない具体的な理由とは

TS0529001_TP_V

今度はうまくいかない具体的な理由を考えてみましょう。まずひとつ言えることは、男性と女性で婚活の捉え方が違います。

男性の婚活とは「結婚」することが目的であり恋愛に関してはあまり深く考えていないようです。女性の場合、婚活であっても「恋愛」を経て「結婚」という捉え方で婚活を考えています。この捉え方の違いに男女ですれ違いが生じ、「真面目に恋愛して結婚したい」と考えている女性は男性と会うたびに「この男性とは価値観がちがう」という印象を抱いてしまいます。

反対に、婚活がうまくいく女性というのは、恋愛を気にするよりも「なんだか相性が良い」ということで結婚につながるので、うまくいかないと感じる女性ほど「恋愛感」にこだわりをもってしまうことが多いのです。

■婚活の手段が違う?

また人によって婚活の手段は異なります。ルックスを重要視して結婚相手を選びたい場合は、婚活パーティーがおすすめですし、気の合う結婚相手を見つけたいのであれば、婚活サイトで自分の趣味とあう方を探した方が良いでしょう。自分の”相手に求める部分”を見極めて婚活の手段を探す必要があります。

■相手に求められるかどうか

婚活を始めると相手を選ぶ立場になってしまいがちですが、大事なのは、「結婚相手としてお互いが成立するか」なので、相手の男性に自分は何を与えることができるか考えなければ相手と心を交わすこともできません。相手にじぶんがどんなことができるのか。どのような幸せを分かち合えるのか考えると自然と婚活も成功の確率もあがります。

婚活サイトと婚活パーティーの対処法とは

KZ1796064_TP_V.jpg

では、それぞれの婚活の手段の対象方法についてご紹介します。今一度自分の方法と合わせて見直してみてはいかがでしょうか。

■婚活サイトの場合

婚活サイトの場合、重要なのはプロフィール写真になります。当サイトの記事でもご紹介しました!⇒(参考リンク:婚活サイトの写真は自撮りじゃダメなの? )こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

またプロフィールの内容においては、「趣味の同じ人募集」とした場合、男性と趣味がズレてしまうと応募が減ってしまいます。そのようなときは、「私がその趣味のコツを教えるので一緒に楽しめると思います」といったように、どのように楽しめるかをしっかりと相手に伝えましょう。一緒に楽しめる手段を示された男性は、2人で過ごしている楽しそうなイメージが具体的に持つことができ、より親近感がわきます。このような書き方を気を付けるだけで連絡の申し込みも増加へと繋がるのです。

■婚活パーティーの場合

婚活パーティーにおいて重要なのは、たくさんの男性とお話しすること。婚活パーティーでうまくいかない女性というのは、話かけられない女性です。自分から話しかけず話しかけられるのを待っている女性というのは失敗へと繋がりやすいです。

そこで。以下の方法を踏めば男性から話しかけてもらえるようになります。参考にしてみて下さい。

  1. いろんな人と目を合わせる
  2. 男性と目が合ったら軽く笑顔を見せる
  3. 笑顔を見せたら、軽くお辞儀をする

この方法を繰り返し行うことで男性からより話しかけてもらえるようになります。

なかなか、話しかけるという行為は、男性にとっても勇気が必要な行為なのです。なので話しかけてもらいたい場合は、「話しかけて欲しいオーラ」を出さないと気付いてもらえません。このオーラは上記の行動をすることで出せます。この方法を行い時間いっぱいまで誰かと会話することが婚活パーティーの成功方法となります。

 

婚活に疲れを感じる場合は一休み

IMARIC20160805310323_TP_V.jpg

婚活に疲れを感じたときは、「結婚しなければいけない」という意識を消してみていかがでしょうか。疲れてしまうのは「しなければいけない」と感じているせいです。なので少し「無理に結婚できなくてもいい」と一休みしてみましょう。そして「結婚したいなぁ」と前向きに思えてきたら婚活を再開してもいいでしょう。婚活は「結婚しなければいけないからする」ものではなく「結婚したいからする」ものなのです。

 

まとめ

いかがでしたか。今回は婚活がうまくいかないときということで記事をまとめてみました。やはり著者の周りの女性も”結婚”という壁の前に相手に条件をつきつけている方が多く見受けれれる気もします。婚活というのは相手に求めるだけではなく相手が求める自分にならなければいけないのですね。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

ぜひこの記事を参考にされてはいかがでしょうか?

 

婚活カテゴリの最新記事