婚活で悩みがちな自己PR!コレを書けば結婚への近道!

婚活で悩みがちな自己PR!コレを書けば結婚への近道!



自己PRをしっかりと書くことで結婚が近づく?

婚活パーティーなどで記入することが多いプロフィールカード。あなたは自己PRの欄をしっかりと記入することができていますか?中には書くことが見つからず雑に書いて終わらせてしまう人が居ますが、このプロフィールカードは相手を知ることができる、自分を知ってもらえるとっても重要なコミュニューケーションツールといっても過言ではありません。

この自己PRでしっかりと丁寧に書くことで相手と会話が弾むキッカケとなりうまくいけば結婚までいけちゃうかもしれません。そこで今回は婚活で悩みがちな自己PRの書き方について情報をまとめました!ぜひ参考にして下さいね。

では最後まで閲覧頂けますと幸いです。では見ていきましょう。

 

どのようなポイントに気をつけて書けばいい?

履歴書などや面接でも自己PRで相手に自分のことを伝えるって大変ですよね。そこで自己PRの書き方や内容などを解説していきます。せひ記入する際の参考にしてみて下さいね。

文字数も意識して◎

婚活の自己PRは長すぎても短すぎても良くありません。長すぎると読みにくいし、本当に伝えたい部分が見えてきません。かといって、反対に、短すぎると手を抜いている印象を受けてしまいます。

大体文字数の目安としては、400文字がおすすめです。長く書いているからといって自己PRが強すぎると思われることはありません。一行や一言だけも止めておきましょう。相手からの印象を悪くするだけです。

400文字は文字数が多く感じてしまうかもしれませんが、書きたい内容を押さえておけば、しっかりと書くことが出来るかと思います。ぜひ文字数を意識して記入してくださいね。

書いた方がいい内容

書く内容が思い浮かばない人はなるべく会話が広げやすい内容を盛り込んで書くといいでしょう。以下の内容は異性が知りたい部分になるのでなるべく記入するといいでしょう。

入会理由や婚活を始めようと思ったキッカケなど

自分の性格や個性など

趣味や自分の好きなこと

休日は何をして過ごしているか

理想の夫婦像や結婚したらどうなりたいか

上記のポイントは書いておくことをおすすめします。この内容を押さえて書けば相手に自分がどんな人物なのか要点を伝えることが出来ます。

 

入会理由や婚活を始めようと思ったキッカケなど

入会理由や婚活を始めた理由ってしっかりと決めておかないと、サクラや業者だと思われてしまうことがあるので気を付けましょう

反対の立場になったときに「どうしてこんな人が婚活しているんなだろう」と感じてしまうことありませんか?この入会理由や婚活を始めた理由をしっかりと書くことにより『この人は本当に結婚相手を探しているのだな』と相手はホッと安心しますよ。以下の文を参考にして書くことをおすすめします。

参考文

『職場に出会いがなく登録しました』

『交際していた人と別れたので新しい出会いを探すために入会しました』

『周りが結婚する人が増えてきたので、自分も結婚したいと考え登録しました』



自分の性格や個性など

自分はこんな性格なんだと相手に伝えることって重要ですよね。やはり内面の相性がいいと思わないと次の展開まで行こうとは思いません。なので、しっかりと自分の性格や個性は書いておいた方がいいです。

ついつい婚活のプロフィールだと異性にウケようと自分の性格を盛って記入してしまいがちですが、自分の個性と違うことを書いてしまうと次に相手と会うことになったときに、その人物を演じなければいけなくなってしまのうで注意しましょう。

書くときに気を付けるポイントとして、少し笑えるポイントを交えてみるなどを意識して記入すれば相手に親しみやすさや近寄りやすさを感じさせることが出来ます。

参考文

『マイペースな性格をしているので職場ではよくいじられキャラです。』

『実は〇〇なんです』初対面の相手に、『実は、』と前置きされると相手はあなたの話に聞き入ってしまうのです。

『私を漢字一字で表現すると〇〇です』この自己紹介の仕方っておもしろですよね。またこの一言を付け加えるだけで、自分のことをさらに説明しやすくなるでしょう。

趣味や自分の好きなこと

趣味もただ書くだけではなく具体的に伝えるといいでしょう。そうすることによって、あなたをデートを誘う口実にも繋がりますし、あなたとのデートするイメージを想像しやすくなります。

参考リンク⇒婚活市場でおすすめの趣味ってなに?

例えば『読書が趣味です』や『映画鑑賞が趣味です』だけでは「へーそうなんだ」だけで会話が終了してしまいませんか?

例えば読書が好きなら、どんなジャンルや作者のものなのか、月に何冊ぐらい読むぐらい好きなのか、映画なら読書と同じように好きなジャンルなども合わせて具体的に書くようにするといいでしょう。

参考文

『趣味は読書です。ビジネス書籍などにも目を通しますが、ドキュメンタリーものも好きです。最新の本も好きですが昔の本にも興味があり、図書館で借りて自宅でまったりと読みふけるのが好きです』

休日は何をして過ごしているか

前述で趣味を映画や読書にしてた場合は休日も趣味などをして過ごすことが多いと回答してもいいかもしれません。しかし休日の内容を事細く項目を増やして書いて人がいますが、それもあまりおすすめできません。

なんでもかんでも盛り込んでしまうとあなたの人物像がハッキリしません。ではダメな文章を見てみましょう。

「私の趣味は映画鑑賞や読書です。その他には休日にはジムにいってトレーニングしたり調理やお菓子作りも趣味でよく作ります。絵を描くことも得意で、、、」

 

確かに多趣味は素晴らしいことなのですが、これは盛り込みすぎですよね。このような内容だと相手の印象には残りません。趣味はすべて書くのではなくて、自分の個性を表現できるものを1~3個ほど選んで書くといいでしょう。

 

「趣味はスポーツです。自分でするのも好きですが、観戦しにいくのも好きです。友達からは行動的だ、と言われています。ぜひ休日には一緒に観戦しに行ってくれるような人や一緒にスポーツを楽しむことができる人と出会いたいと思っています。」

趣味をひとつ選出して、いろいろなものに挑戦している行動的な人であるということをアピールするといいでしょう。同じように行動的な人なら、あなたに興味を抱くはずです。


理想の夫婦像や結婚したらどうなりたいか

趣味以外にも、婚活をしているのですから、理想の結婚相手や、理想の夫婦像や結婚後のイメージなども書けるといいでしょう。また深く考える必要はありませんがなるべくシンプルにさらっと書く程度で問題ありません。

「ささいなことでも笑いあえる、あたたかい家庭にしたいです」「年を重ねても仲良くいられるような夫婦になりたいです」「食べることが好きなので好きな物が共有できるような関係を作りたいです」

またポイントとしては、「一緒に」「2人で」「共に」「ペアで」と文章に付け加えるだけで、独りよがりなことを書くのではなく「夫婦になったら」何がしたいかを書くように意識しましょう。これを書くことであなたとの夫婦生活を想像できたり、相手の男性は(こういう男性をと結婚したいのだな)と感じます。ぜひとも理想の結婚像を書いてみてはいかがでしょうか。

 

一言付け加えるだけで好感度アップ

自己PRの最初と最後に一言加えることで高感度がUPする言葉があるんです。ぜひこの言葉を書き忘れないように意識して記入してみてくださいね。

プロフィールを見てくれてありがとうございます。

最初に”初めまして”といった言葉ではなく、お礼の言葉から始めてみましょう。この一言を付け加えるだけで自分に興味を抱いてくれたことに対しての感謝の気持ちを相手に伝えることができます。

感謝の気持ちを伝えることができる人というのは相手に人間味が溢れている人だと思わせることが出来ます。

また文章の最後は、「最後まで読んで頂きありがとうございました」と締めくくるとさらに好感度はアップします。

 

返答すると伝える

また必ず返答すると約束することで相手からアタックされる可能性は大きくなります。

本当のことを言ってしまえば、実際に返答する必要はないのですが、控えめにしたいなら「時間かかってしまうかもしれませんが出来るだけ返答はさせてもらいます」などでもいいでしょう。

こういったところでは相手からの返答がないことが多いです。ですから、返答をすると約束してあげることであなたにも「アタックしてみようかな」といった気持ちになります。

この2つの言葉を意識するだけで好感度が増し相手からアタックされる数が増えやすくなります。



まとめ

いかがでしたか。つい悩み勝ちな自己PRの書き方について今回はご説明させて頂きました。なんと雑に書いてしまいがちな欄ですが、しっかりと記入することによって、結婚への近道だったということですね。なので皆さんも手をぬくことがないようにこの記事を参考にしてしっかりと記入して相手に自己PRしてみましょうね。

どうでしょうか。わかりにくいところなどなかったでしょうか。

それでは婚活で自己PRをしっかりと書いて婚活を成功させてみてはいかがでしょうか?

婚活パーティーカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。